研究者
J-GLOBAL ID:202001000146009138   更新日: 2024年07月13日

中嶋 洋行

ナカジマ ヒロユキ | NAKAJIMA HIROYUKI
所属機関・部署:
職名: 室長
研究分野 (1件): 発生生物学
研究キーワード (5件): 血管形成 ,  生体イメージング ,  メカニカルストレス ,  ゼブラフィッシュ ,  血管新生
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2024 - 2028 血管-上皮相互作用による酸素交換場形成の共通原理の解析
  • 2023 - 2028 血管が主導する新たな組織形成機構の解明
  • 2023 - 2027 脈管系物流の破綻に伴う全身老化過程の解明
  • 2020 - 2024 ガン治療を目的としたゼブラフィッシュ内ナノメディシンの数理モデルの構築とその検証
  • 2019 - 2024 情報・形態イメージングによる左右非対称性形成機構の解明
全件表示
論文 (28件):
  • Nanami Morooka, Ning Gui, Koji Ando, Keisuke Sako, Moe Fukumoto, Urara Hasegawa, Melina Hußmann, Stefan Schulte-Merker, Naoki Mochizuki, Hiroyuki Nakajima. Angpt1 binding to Tie1 regulates the signaling required for lymphatic vessel development in zebrafish. Development. 2024. 151. 10
  • Melina Hußmann, Dörte Schulte, Sarah Weischer, Claudia Carlantoni, Hiroyuki Nakajima, Naoki Mochizuki, Didier Y R Stainier, Thomas Zobel, Manuel Koch, Stefan Schulte-Merker. Svep1 is a binding ligand of Tie1 and affects specific aspects of facial lymphatic development in a Vegfc-independent manner. eLife. 2023. 12
  • Hiroyuki Nakajima, Hiroyuki Ishikawa, Takuya Yamamoto, Ayano Chiba, Hajime Fukui, Keisuke Sako, Moe Fukumoto, Kenny Mattonet, Hyouk-Bum Kwon, Subhra P. Hui, et al. Endoderm-derived islet1-expressing cells differentiate into endothelial cells to function as the vascular HSPC niche in zebrafish. Developmental Cell. 2023. 58. 3. 1-15
  • Yusuke Nishimura, Tomohiro Ishii, Koji Ando, Shinya Yuge, Hiroyuki Nakajima, Weibin Zhou, Naoki Mochizuki, Shigetomo Fukuhara. Blood Flow Regulates Glomerular Capillary Formation in Zebrafish Pronephros. Kidney360. 2022. 3. 4. 700-713
  • Renee Wei-Yan Chow, Hajime Fukui, Wei Xuan Chan, Kok Soon Justin Tan, Stéphane Roth, Anne-Laure Duchemin, Nadia Messaddeq, Hiroyuki Nakajima, Fei Liu, Nathalie Faggianelli-Conrozier, et al. Cardiac forces regulate zebrafish heart valve delamination by modulating Nfat signaling. PLOS Biology. 2022. 20. 1. e3001505-e3001505
もっと見る
MISC (2件):
  • 福原 茂朋, 弓削 進弥, 國田 樹, 若山 勇紀, 中嶋 洋行, 西山 功一, 望月 直樹. 血管新生におけるメカノトランスダクション機構の役割. 生体医工学. 2016. 54Annual. 28PM-Abstract. S327-S327
  • 安藤 康史, 柏田 建, 中嶋 洋行. 血管内皮細胞のシグナルと接着による血管成熟・安定化機構 (特集 血管新生阻害薬の展開). 最新医学. 2013. 68. 12. 2615-2620
書籍 (8件):
  • 造血幹細胞ニッチを形成する新たな血管起源の解明ー内皮細胞の起源が血管多様性に与える影響
    医学のあゆみ Vol.289/No.13 997-1001 2024
  • 血管内皮細胞の起源と多様性
    生化学 Vol. 96/No.2 273-276 2024
  • 血管新生ー分子メカニズムの理解と新規治療開発の必要性ー
    循環器内科 Vol.92/No.5 548-555 2022
  • 血管・リンパ管の機能制御と疾患メカニズムー6章 血管の安定化機構
    化学同人 2022
  • イメージングによる循環器発生機構の解明
    生体の科学 2022
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 血管・上皮のin vivoイメージングによるガス交換場形成機構の解析
    (第101回日本生理学会大会 シンポジウム『高深度生理学~循環器編~』 2024)
  • Endoderm-derived endothelial cells constitute the vascular HSPC niche in zebrafis
    (Asia-Australia Vascular Biology Meeting 2023 (AAVBM2023) 2023)
  • 血流依存的な血管・上皮相互作用によるガス交換組織形成機構の解析
    (第75回日本細胞生物学会大会 2023)
  • 血管-上皮相互作用によるガス交換場の形成機構
    (第8回血管生物若手研究会 2023)
  • 造血幹細胞ニッチを形成する内皮細胞の新規分化経路の同定
    (第30回日本血管生物医学会学術集会 (CVMW2022) シンポジウム『最新技術で捉えるvascular biology』 2022)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2001 - 2006 京都大学大学院 生命科学研究科
  • 1997 - 2001 京都大学 理学部
経歴 (9件):
  • 2024/04 - 現在 京都大学大学院 薬学研究科 講師(非常勤)
  • 2017/05 - 現在 国立研究開発法人国立循環器病研究センター 研究所 細胞機能研究室長
  • 2022/04 - 2022/09 京都大学大学院 薬学研究科 講師(非常勤)
  • 2020/04 - 2020/09 京都大学大学院 講師(非常勤)
  • 2015/04 - 2017/04 国立研究開発法人国立循環器病研究センター 研究所 上級研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2022 - 現在 日本血管生物医学会 渉外委員
  • 2020 - 現在 日本血管生物医学会 評議員
  • 2021/07 - 2023/06 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
  • 2020 - 2023 国際心臓研究学会日本部会 若手ワーキンググループ(ISHR-U45)委員
  • 2021 - 2022 第28回小型魚類研究会運営委員会 委員
受賞 (11件):
  • 2021 - The 5th JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research BCVR Best Abstract Award
  • 2020 - 血管生物医学会若手優秀賞
  • 2019 - Inaugural Joint Scientific Meeting of AVBS | ANZMS | AAVBM (Sydney) Travel Award
  • 2019 - 血管生物医学会若手最優秀賞
  • 2018 - International Vascular Biology Meeting 2018 (IVBM 2018) (Helsinki) JVBMO Travel Award
全件表示
所属学会 (6件):
日本循環器学会 ,  国際心臓研究学会(ISHR)日本部会 ,  日本生化学会 ,  日本血管生物医学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る