研究者
J-GLOBAL ID:202001000146009138   更新日: 2021年11月06日

中嶋 洋行

ナカジマ ヒロユキ | NAKAJIMA HIROYUKI
所属機関・部署:
職名: 室長
研究分野 (1件): 発生生物学
研究キーワード (5件): 血管形成 ,  生体イメージング ,  メカニカルストレス ,  ゼブラフィッシュ ,  血管新生
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2024 ガン治療を目的としたゼブラフィッシュ内ナノメディシンの数理モデルの構築とその検証
  • 2019 - 2024 情報・形態イメージングによる左右非対称性形成機構の解明
  • 2018 - 2021 血流によるメカニカルストレスに依存した新規血管形成機構の解析
  • 2017 - 2020 血管新生・リモデリング過程での流れ刺激に対する内皮細胞応答の可視化と機能解析
  • 2014 - 2019 血流による機械的刺激に対する血管内皮細胞の応答機構
全件表示
論文 (23件):
  • Ansel L. Blumers, Minglang Yin, Hiroyuki Nakajima, Yosuke Hasegawa, Zhen Li, George Em Karniadakis. Multiscale parareal algorithm for long-time mesoscopic simulations of microvascular blood flow in zebrafish. Computational Mechanics. 2021. 68. 5. 1131-1152
  • Hiroyuki Nakajima, Ayano Chiba, Moe Fukumoto, Nanami Morooka, Naoki Mochizuki. Zebrafish Vascular Development: General and Tissue-Specific Regulation. Journal of Lipid and Atherosclerosis. 2021. 10. e14
  • Igor Kondrychyn, Douglas J. Kelly, Núria Taberner Carretero, Akane Nomori, Kagayaki Kato, Jeronica Chong, Hiroyuki Nakajima, Satoru Okuda, Naoki Mochizuki, Li-Kun Phng. Marcksl1 modulates endothelial cell mechanoresponse to haemodynamic forces to control blood vessel shape and size. Nature Communications. 2020. 11. 1
  • Dorothee Bornhorst, Peng Xia, Hiroyuki Nakajima, Chaitanya Dingare, Wiebke Herzog, Virginie Lecaudey, Naoki Mochizuki, Carl-Philipp Heisenberg, Deborah Yelon, Salim Abdelilah-Seyfried. Biomechanical signaling within the developing zebrafish heart attunes endocardial growth to myocardial chamber dimensions. Nature Communications. 2019. 10. 1. 4113-4113
  • Lin Grimm, Hiroyuki Nakajima, Smrita Chaudhury, Neil I Bower, Kazuhide S Okuda, Andrew G Cox, Natasha L Harvey, Katarzyna Koltowska, Naoki Mochizuki, Benjamin M Hogan. Yap1 promotes sprouting and proliferation of lymphatic progenitors downstream of Vegfc in the zebrafish trunk. eLife. 2019. 8
もっと見る
MISC (1件):
  • 安藤 康史, 柏田 建, 中嶋 洋行. 血管内皮細胞のシグナルと接着による血管成熟・安定化機構 (特集 血管新生阻害薬の展開). 最新医学. 2013. 68. 12. 2615-2620
書籍 (3件):
  • ゼブラフィッシュを用いた血管研究
    医学のあゆみ 2019
  • 血流による転写共役因子YAPの制御とその役割について
    生物物理 2018
  • 心臓・血管の初期発生メカニズムの解明
    循環器病研究の進歩 2017
講演・口頭発表等 (31件):
  • Identification of a novel origin of endothelial cells in zebrafish
    (2021 Annual Meeting of the Korean Society for Vascular Biology and Medicine 2021)
  • モダリティ多様化時代における心血管研究の最前線
    (第94回日本生化学会大会 シンポジウム(座長) 2021)
  • ゼブラフィッシュ生体イメージングにおける血管形成機構の解析
    (KOWA Web Conference 2021)
  • Identification of a novel origin of endothelial cells in zebrafish
    (The 5th JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research BCVR, Award Session 2021)
  • Imaging-based analyses of YAP/TAZ functions in zebrafish cardiovascular development
    (第73回日本細胞生物学会大会 シンポジウム 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2001 - 2006 京都大学大学院
  • 1997 - 2001 京都大学
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 京都大学大学院 講師(非常勤)
  • 2017/05 - 現在 国立研究開発法人国立循環器病研究センター 研究所 細胞機能研究室長
  • 2015/04 - 2017/04 国立研究開発法人国立循環器病研究センター 研究所 上級研究員
  • 2012/04 - 2015/03 国立研究開発法人国立循環器病研究センター 研究所 研究員
  • 2007/11 - 2012/03 神戸大学 医学研究科 グローバルCOE研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 日本血管生物医学会 評議員
  • 2020 - 現在 国際心臓研究学会日本部会 若手ワーキンググループ(ISHR-U45)委員
受賞 (11件):
  • 2021 - The 5th JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research BCVR Best Abstract Award
  • 2020 - 血管生物医学会若手優秀賞
  • 2019 - Inaugural Joint Scientific Meeting of AVBS | ANZMS | AAVBM (Sydney) Travel Award
  • 2019 - 血管生物医学会若手最優秀賞
  • 2018 - International Vascular Biology Meeting 2018 (IVBM 2018) (Helsinki) JVBMO Travel Award
全件表示
所属学会 (6件):
日本循環器学会 ,  国際心臓研究学会(ISHR)日本部会 ,  日本生化学会 ,  日本血管生物医学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る