研究者
J-GLOBAL ID:202001009838451636   更新日: 2020年08月31日

吉田(古川) 優貴

ヨシダ ユタカ | Yoshida Yutaka
所属機関・部署:
職名: 研究機関研究員・フェロー
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (1件): 身体群の共振,手話,ヴィジュアル・メソッド,ケニア
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 ケニアの聾/聴者の相互行為態に関するヴィジュアル・メソッドを用いた民族誌的研究
  • 2004 - 2005 ケニア西部ナンディ地区の人々の聾をめぐる語りと障害経験についての人類学的研究
MISC (9件):
  • 吉田 優貴. <書評リプライ>村津蘭氏へのリプライ. コンタクト・ゾーン = Contact zone. 2019. 11. 2019. 526-529
  • 吉田 優貴. 日常のコミュニケーションを表現/分析する方法 : ケニアの聾の子供たちのおしゃべりとダンスを事例に. 研究所年報. 2016. 46. 19-34
  • 吉田 優貴. 東日本大震災に際し人文学・社会科学系研究者は何を考え行動し、発信してきたか (特別推進プロジェクト 大災害と社会 : 東日本大震災の社会的影響と対策の課題). 研究所年報. 2016. 46. 177-194
  • 吉田 優貴. 震災からの「自生的再生」をめぐる漁村の人々の協働と力学 : 岩手県内のある漁業協同組合と人々のつながりを事例に. 研究所年報. 2015. 45. 71-89
  • Reconsidering Linguistic Ideology: A Case Study of Communication among Deaf Children in Kenya. Nilo-Ethiopian Studies. 2015. 20. 17-31
もっと見る
書籍 (3件):
  • 「危機」にふれる : レバノンとケニアのフィールドをめぐるふたつの著作から
    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探究-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」 2020 ISBN:9784863373129
  • トランスカルチャー状況下における顔・身体
    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 2019
  • いつも躍っている子供たち : 聾・身体・ケニア
    風響社 2018 ISBN:9784894892439
学歴 (3件):
  • 2002 - 2012 一橋大学 総合社会科学専攻
  • 2000 - 2002 一橋大学 総合社会科学専攻
  • 1995 - 1999 東京女子大学 地域文化学科
学位 (2件):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
  • 修士(社会学) (一橋大学)
経歴 (4件):
  • 2017/11 - 現在 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 研究機関研究員
  • 2013/04 - 現在 東京女子大学 現代教養学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 2020/03 明治学院大学 社会学部 非常勤講師
  • 2013/04 - 2016/03 明治学院大学 社会学部付属研究所 研究調査員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る