研究者
J-GLOBAL ID:202001016680944164   更新日: 2021年10月08日

堀 武志

ホリ タケシ | Hori Takeshi
所属機関・部署:
職名: プロジェクト助教
ホームページURL (2件): http://horitakeshi.main.jp/achievements_jp.htmlhttp://horitakeshi.main.jp/achievements.html
研究キーワード (5件): バイオデバイス ,  薬物代謝学 ,  薬物動態学 ,  細胞組織工学 ,  動物実験代替法
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 妊娠高血圧症候群の発症機序の解明に向けたヒト栄養膜細胞の血管浸潤モデルの開発
  • 2021 - 2022 化学物質のヒト胎児への健康影響を予測する動物実験代替法の開発
  • 2018 - 動物実験代替法としてのOrgans-on-a-chipの開発
論文 (9件):
  • Violeta Carvalho, Inês Gonçalves, Teresa Lage, Raquel O. Rodrigues, Graça Minas, Senhorinha F.C.F Teixeira, Ana S. Moita, Takeshi Hori, Hirokazu Kaji, Rui A. Lima. 3D Printing Techniques and Their Applications to Organ-on-a-Chip Platforms: A Systematic Review. Sensors. 2021. 21. 9. 3304-3304
  • Bibek Raut, Li Jiun Chen, Takeshi Hori, Hirokazu Kaji. An open-source add-on evom® device for real-time transepithelial/endothelial electrical resistance measurements in multiple transwell samples. Micromachines. 2021. 12. 3. 1-13
  • Takeshi Hori, Osamu Kurosawa, Kohei Ishihara, Taro Mizuta, Hiroo Iwata. Three-Dimensional Cell Sheet Construction Method with a Polyester Micromesh Sheet. Tissue engineering. Part C, Methods. 2020. 26. 3. 170-179
  • Takeshi Hori, Kei Yamane, Takayuki Anazawa, Osamu Kurosawa, Hiroo Iwata. Compact fluidic system for functional assessment of pancreatic islets. Biomedical microdevices. 2019. 21. 4. 91-91
  • Takeshi Hori, Osamu Kurosawa. A Three-dimensional Cell Culture Method with a Micromesh Sheet and Its Application to Hepatic Cells. Tissue engineering. Part C, Methods. 2018
もっと見る
MISC (1件):
  • 堀 武志. ヒトの胎盤研究を加速させる,ヒト栄養膜幹細胞へのリプログラミング. ファルマシア. 2021. 57. 3. 232-232
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 千葉科学大学 薬科学専攻 博士課程
  • 2008 - 2010 千葉科学大学 薬科学専攻 修士課程
  • 2004 - 2008 千葉科学大学
学位 (1件):
  • 博士(薬科学) (千葉科学大学)
経歴 (4件):
  • 2021/10 - 現在 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 プロジェクト助教
  • 2020/03 - 2021/09 東北大学 大学院工学研究科 ファインメカニクス専攻 特任助教
  • 2017/05 - 2020/02 国立研究開発法人理化学研究所 科技ハブ産連本部 健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム 融合研究推進グループ 健康制御チーム 研究員
  • 2013/04 - 2017/04 アメリカ国立衛生研究所(NIH)/アメリカ国立環境健康科学研究所(NIEHS) 生殖発生毒性研究室 薬理遺伝学部門 Visiting Fellow
受賞 (1件):
  • 2014 - Trainee travel award, Vitamin D Workshop, Chicago, USA
所属学会 (3件):
化学とマイクロ・ナノシステム学会 ,  日本動物実験代替法学会 ,  日本薬物動態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る