研究者
J-GLOBAL ID:202001016930513407   更新日: 2022年08月03日

尾藤 健太

ビトウ ケンタ | Bito Kenta
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://hasebe.med.u-tokai.ac.jp/https://hasebe.med.u-tokai.ac.jp/en/
研究分野 (4件): 薄膜、表面界面物性 ,  複合材料、界面 ,  高分子材料 ,  生体材料学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 長期開存ステントを実現する薬剤溶出・生分解性ポリマー/炭素薄膜のハイブリッド技術
  • 2018 - 2020 高いX線視認性および生体内分解性を有する肝臓がん治療用の新規薬剤徐放ビーズ創製
論文 (12件):
  • Naruki Kurokawa, Fuyuaki Endo, Kenta Bito, Maeda Tomoki, Atsushi Hotta. Antithrombogenic poly(2-methoxyethyl acrylate) elastomer via triblock copolymerization with poly(methyl methacrylate). Polymer. 2021. 228. 123876-123876
  • Kosaku Yano, Tomohiro Matsumoto, Yutaka Okamoto, Kenta Bito, Naruki Kurokawa, Terumitsu Hasebe, Atsushi Hotta. Gadolinium-Complexed Carboxylated Nanodiamond Particles for Magnetic Resonance Imaging of the Lymphatic System. ACS Applied Nano Materials. 2021. 4. 2. 1702-1711
  • Yutaka Okamoto, Terumitsu Hasebe, Kenta Bito, Kosaku Yano, Tomohiro Matsumoto, Kosuke Tomita, Atsushi Hotta. Fabrication of radiopaque drug-eluting beads based on Lipiodol/biodegradable-polymer for image-guided transarterial chemoembolization of unresectable hepatocellular carcinoma: Fabrication of radiopaque DEBs by Lipiodol/biodegradable-polymer for TACE of HCC. Polymer Degradation and Stability. 2020. 175
  • Hasebe Terumitsu, Okamoto Yutaka, Bito Kenta, Tomita Kosuke, Kamei Shunsuke, Yamamoto Shota, Suda Satoshi, Natsuyama Yuki, Hashida Kazunobu, Yano Kosaku, et al. HCCに対する生体分解性/放射線不透過性成分を用いた次世代薬剤溶出性ビーズの開発(A next-generation development of drug-eluting bead with biodegradable/radiopaque moieties for HCC). 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2019. 34. Suppl. 218-218
  • Kenta Bito, Terumitsu Hasebe, Shunto Maegawa, Tomoya Kitagawa, Tomohiro Matsumoto, Tetsuya Suzuki, Atsushi Hotta. Micropatterning of a 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine polymer surface by hydrogenated amorphous carbon thin films for endothelialization and antithrombogenicity. Acta Biomaterialia. 2019. 87. 187-196
もっと見る
MISC (20件):
  • 亀井 俊佑, 尾藤 健太, 前川 駿人, 山本 章太, 須田 慧, 富田 康介, 橋田 和靖, 松本 知博, 今井 裕, 長谷部 光泉. 有限要素解析を用いた細径薄型ステントにおける反りについての検討. 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2021. 36. Suppl. 193-193
  • 長谷部光泉, 長谷部光泉, 尾藤健太, 尾藤健太, 前川駿人, 前川駿人, 亀井俊佑, 松本知博, 松本知博, 堀田篤. 医工連携による表面改質医療デバイスの開発研究. 日本表面真空学会学術講演会要旨集(Web). 2021. 2021
  • Terumitsu Hasebe, Shunto Maegawa, Kenta Bito, Yutaka Okamoto, Shunsuke Kamei, Shota Yamamoto, Kosuke Tomita, Satoshi Suda, Kazunobu Hashida, Tomohiro Matsumoto, et al. Newly developed drug-eluting stent (DES) system for cardiovascular diseases: Hybrid nano-coating technology. BIORHEOLOGY. 2021. 58. 3-4. 171-171
  • 長谷部 光泉, 松岡Kearon 江美, 松本 知博, 亀井 俊佑, 前川 駿人, 尾藤 健太, 岩崎 清隆, 今井 裕. 放射線科における医師主導治験についてのノウハウ IVR領域の医師主導治験のノウハウ. 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集. 2020. 56回. S38-S38
  • 前川 駿人, 尾藤 健太, 亀井 俊祐, 松本 知博, 堀田 篤, 鈴木 哲也, 長谷部 光泉. ステント開発における素材・デザインと表面コーティングの重要性. 脳血管内治療. 2019. 4. Suppl. S73-S73
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (17件):
  • 放射線科における医師主導治験についてのノウハウ IVR領域の医師主導治験のノウハウ
    (日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2020)
  • Development of radiopaque drug-eluting beads based on Lipiodol/biodegradable-polymer for transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma (HCC)
    (The 15th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems 2019)
  • ステント開発における素材・デザインと 表面コーティングの重要性
    (第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2019)
  • ステント開発における素材・デザインと表面コーティングの重要性
    (脳血管内治療 2019)
  • Hybrid Nano-coating For The Next-generation Drug-eluting Stents Technology
    (HKSIR2019 The Hong Kong Society of International Radiology 19th Annual Scientific Meeting 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 慶應義塾大学大学院 開放環境科学専攻(後期博士課程)
  • 2014 - 2016 慶應義塾大学大学院 開放環境科学専攻(前期博士課程)
  • 2010 - 2014 慶應義塾大学 機械工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2019/12 - 現在 慶應義塾大学 理工学部 訪問研究員
  • 2019/10 - 現在 東海大学 医学部医学科 専門診断学系 画像診断学領域 客員講師
  • 2018/04 - 2019/03 特別研究員(DC2) 日本学術振興会
  • 2016/09 - 2018/03 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 研究員(有期)(非常勤)
  • 2016/04 - 2017/03 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 藤原奨学基金奨学生
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る