研究者
J-GLOBAL ID:202001019732723012   更新日: 2020年08月31日

荻野 崇之

オギノ タカユキ | Ogino Takayuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 免疫学 ,  消化器外科学
研究キーワード (5件): 大腸癌 ,  腹腔鏡手術 ,  自然免疫 ,  炎症性腸疾患 ,  消化器がん
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 炎症性腸疾患における自然リンパ球を介した自己免疫寛容とその破綻機構の解明
  • 食事の腸管内通過が腸内細菌叢および腸管免疫系に与える影響の解明
  • オートファジーを誘導する食品由来化合物による炎症性発癌制御メカニズムの解明
  • 腸管粘膜固有層に存在する自然免疫細胞の解析
論文 (57件):
  • Kazuhiro Saso, Norikatsu Miyoshi, Shiki Fujino, Masaru Sasaki, Masayoshi Yasui, Masayuki Ohue, Takayuki Ogino, Hidekazu Takahashi, Mamoru Uemura, Chu Matsuda, et al. Dipeptidyl Peptidase 9 Increases Chemoresistance and is an Indicator of Poor Prognosis in Colorectal Cancer. Annals of surgical oncology. 2020
  • Masaru Sasaki, Norikatsu Miyoshi, Shiki Fujino, Takayuki Ogino, Hidekazu Takahashi, Mamoru Uemura, Chu Matsuda, Hirofumi Yamamoto, Tsunekazu Mizushima, Masaki Mori, et al. The Geriatric Nutritional Risk Index predicts postoperative complications and prognosis in elderly patients with colorectal cancer after curative surgery. Scientific reports. 2020. 10. 1. 10744-10744
  • Kazuya Iwamoto, Hidekazu Takahashi, Daisuke Okuzaki, Hideo Osawa, Takayuki Ogino, Norikatsu Miyoshi, Mamoru Uemura, Chu Matsuda, Hirofumi Yamamoto, Tsunekazu Mizushima, et al. Syntenin-1 promotes colorectal cancer stem cell expansion and chemoresistance by regulating prostaglandin E2 receptor. British journal of cancer. 2020
  • Asuka Yasueda, Hisako Kayama, Michiko Murohashi, Junichi Nishimura, Koji Wakame, Ken-Ichi Komatsu, Takayuki Ogino, Norikatsu Miyoshi, Hidekazu Takahashi, Mamoru Uemura, et al. Sanguisorba officinalis L. derived from herbal medicine prevents intestinal inflammation by inducing autophagy in macrophages. Scientific reports. 2020. 10. 1. 9972-9972
  • Yoshifumi Watanabe, Tsunekazu Mizushima, Shiki Fujino, Takayuki Ogino, Norikatsu Miyoshi, Hidekazu Takahashi, Mamoru Uemura, Chu Matsuda, Hirofumi Yamamoto, Yuichiro Doki, et al. Long-term outcome of patients with Crohn's disease on home parenteral nutrition. Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.). 2020. 78. 110903-110903
もっと見る
MISC (210件):
  • 朴 聖愛, 冨丸 慶人, 野口 幸藏, 長瀬 博次, 荻野 崇之, 広田 将司, 大島 一輝, 谷田 司, 能浦 真吾, 川瀬 朋乃, et al. 肝粘液性嚢胞腫瘍との鑑別に難渋した出血性肝嚢胞の1例. 癌と化学療法. 2020. 47. 4. 661-663
  • 谷田 司, 能浦 真吾, 荻野 崇之, 長瀬 博次, 野口 幸藏, 広田 将司, 大島 一輝, 富丸 慶人, 川瀬 朋乃, 今村 博司, et al. 大腸癌異時性腹膜播種再発(P3)と卵巣転移に対して集学的治療により長期生存を得た1例. 癌と化学療法. 2020. 47. 4. 676-678
  • 荻野 崇之, 水島 恒和, 藤野 志季, 三吉 範克, 高橋 秀和, 植村 守, 松田 宙, 土岐 祐一郎, 江口 英利. 【IBDに合併する悪性腫瘍の診断と治療Update!】クローン病合併がん(直腸肛門部・小腸がん)の治療. IBD Research. 2020. 14. 1. 31-36
  • 池田 敦世, 三吉 範克, 荻野 崇之, 水島 恒和, 森 正樹, 土岐 祐一郎. Catch Up 分子生物学 大腸がんにおける免疫チェックポイントの意義 基本から最新知見まで. 大腸がんperspective. 2020. 4. 4. 327-331
  • 広田 将司, 冨丸 慶人, 長瀬 博次, 野口 幸藏, 荻野 崇之, 大島 一輝, 谷田 司, 川瀬 朋乃, 能浦 真吾, 今村 博司, et al. 幽門側胃切除後の脾門部リンパ節再発胃癌へ残胃温存脾臓合併腫瘍切除を行った1例. 癌と化学療法. 2020. 47. 2. 322-324
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 2016/09 ドイツマインツ大学
  • 2010/04 - 2014/03 大阪大学大学院医学系研究科
  • 2004/04 - 2006/03 新潟大学医歯学総合病院
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る