研究者
J-GLOBAL ID:202001020499814051   更新日: 2022年05月10日

谷藤 渓詩

タニフジ ケイシ | TANIFUJI Keishi
所属機関・部署:
職名: 専門研究員
研究キーワード (3件): バイオマスの利活用 ,  汚泥処理 ,  蒸解・漂白の化学
論文 (10件):
  • ANITA Yulia, PUTRA Agusta Samodra, ANITA Yulia, PUTRA Agusta Samodra, 谷藤渓詩, 中川明子, 大井洋, EVELYN Evelyn. チーク材抽出物を添加したユーカリ材のクラフト蒸解とパルプに残留する2-メチルアントラキノンの定量. 紙パ技協誌. 2021. 75. 2
  • UTAMI Syelvia Putri, 谷藤渓詩, PUTRA Agusta Samodra, 中川明子, 大井洋, EVELYN Evelyn. アカシア・クラシカルパ材の前加水分解ソーダ蒸解における可溶性アントラキノン適用の効果. 紙パ技協誌. 2021. 75. 4
  • Keishi Tanifuji, Akiko Nakagawa-izumi, Hiroshi Ohi. Effects of residual lignin and cellulose swelling on the rate of enzymatic saccharification of softwood and hardwood acid sulfite pulps. Journal of Wood Science. 2020. 66. 1
  • Do Vu Thang, 谷藤 渓詩, Jin Guangfan, 大井 洋. モウソウチクの中性サルファイト法セミケミカルパルプ化. 紙パ技協誌 = Japan TAPPI journal. 2020. 74. 4. 379-395
  • 谷藤渓詩, 大井洋, 中平泰輔, 村井克之. モノ過硫酸添加による広葉樹ECF漂白パルプの収率向上. 紙パ技協誌. 2020. 74. 11
もっと見る
MISC (18件):
  • 谷藤渓詩, 宮本豊尚, 重村浩之. 一次処理水に与える低温沈殿処理の影響. 日本水環境学会年会講演集. 2021. 55th
  • 谷藤渓詩, 宮本豊尚, 重村浩之. クロロホルムを用いない下水汚泥中の脂質の分析手法. 下水道研究発表会講演集. 2021. 58th
  • 宮本豊尚, 谷藤渓詩, 大本拓, 重村浩之. し渣混焼ラインを用いた下水汚泥焼却炉に対する草木バイオマス補助燃料の供給可能性. EICA. 2021. 26. 2/3
  • 岡田 英樹, 阿部 淑人, 笠原 勝次, 小林 豊, 田辺 寛, 田中 亙, 林 成実, 中俣 恵一, 田村 篤, 根本 純司, et al. セルロースナノファイバー(CNF)を利用した表面コーティング剤の開発 (特集 ナノ技術・材料の動向と展開(セルロースナノファイバー含)). JETI = ジェティ : Japan engineering & technology intelligence : ものづくり・産業技術専門誌. 2020. 68. 3. 33-35
  • 岡田英樹, 阿部淑人, 笠原勝次, 小林豊, 田辺寛, 田中亙, 林成実, 中俣恵一, 田村篤, 根本純司, et al. セルロースナノファイバー(CNF)を利用した表面コーティング剤の開発. 新潟県工業技術総合研究所工業技術研究報告書. 2019. 48
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • REMOVAL OF ACETIC ACID FROM SPENT SULFITE LIQUOR USING ANION EXCHANGE RESIN FOR EFFECTIVE XYLOSE FERMENTATION WITH Pichia stipitis
    (PROCEEDING OF THE 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PULPING, PAPERMAKING AND BIOTECHNOLOGY (ICPPB '12), VOLS. I AND II 2012)
  • Advantage of acid sulfite cooking as a process of monosaccharide and ethanol production
    (16th International Symposium on Wood, Fiber and Pulping Chemistry - Proceedings, ISWFPC 2011)
  • Estimation of kraft and acid sulfite cooking methods as a process of bioethanol production: Advantage of acid sulfite pulp in enzymatic treatment to alkaline pulp
    (Appita Annual Conference 2010)
学歴 (2件):
  • 2011 - 2014 筑波大学大学院 国際地縁技術開発科学専攻
  • 2011 - 2012 ニューブランズウィック州立大学
経歴 (3件):
  • 2020/07 - 現在 国立研究開発法人土木研究所 先端材料資源研究センター 専門研究員
  • 2019/10 - 2020/06 筑波大学 生命環境系 非常勤研究員
  • 2014/04 - 2019/06 北越コーポレーション株式会社
所属学会 (1件):
水環境学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る