{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002221025500697   整理番号:20A1015585

選択的経皮的冠動脈インターベンション後の周術期心筋損傷を予測するためのT1強調心血管磁気共鳴イメージングによる冠動脈高強度プラークの三次元評価【JST・京大機械翻訳】

Three-dimensional assessment of coronary high-intensity plaques with T1-weighted cardiovascular magnetic resonance imaging to predict periprocedural myocardial injury after elective percutaneous coronary intervention
著者 (23件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 1-11  発行年: 2020年
JST資料番号: U7509A  ISSN: 1532-429X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
周術期心筋障害(pMI)は選択的経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の一般的な合併症であり,冠動脈血行再建の有益な効果のいくつかを減少させ,心血管イベントのリスクに影響する。冠動脈高強度プラークを評価し,選択的PCI後のpMIとの関連を検討するために,三次元体積心血管磁気共鳴(CMR)法を開発した。2012年10月と2016年10月の間に,安定した冠動脈疾患を有する141人の患者は,PCI前にT1強調CMR画像を受けた。従来の二次元CMRプラーク対心筋信号強度比(2D-PMR)とPMR(3Di-PMR)の新しく開発された三次元積分を測定した。3Di-PMRは標的プラークのボクセルに対して>1.0の閾値以上のPMRsの和として測定された。pMIは高感度心臓トロポニンT>0.07ng/mlと定義された。PCI後のpMIは46名の患者(33%)で観察された。3Di-PMRはpMIのない患者よりもpMI患者の方が有意に高かった。pMIを予測するための最適3Di-PMRカットオフ値は51PMR*mm3であり,受信者動作特性曲線下面積(0.753)は2D-PMR(0.683,P=0.015)より有意に大きかった。3Di-PMRは,血管内超音波に基づく脂質容積(r=0.449,P<0.001)と明らかに相関していた。段階的多変量解析は,3Di-PMR≧51PMR*mm3およびPCI標的病変部位における側枝の存在が,pMIの有意な予測因子であることを示した(オッズ比[OR],11.9;95%信頼区間[CI],4.14;95%CI,1.6~11.1,P=0.005)。3Di-PMR冠動脈評価は選択的PCI後のpMIのリスク層別化を容易にする。Copyright 2020 The Author(s) All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
循環系の診断 
引用文献 (28件):
もっと見る

前のページに戻る