研課題
J-GLOBAL ID:202104001439753626  研究課題コード:18070474

大規模ゲノム改変を可能にするRNAサイレンシング回避技術の確立

体系的課題番号:JPMJPR18K2
実施期間:2018 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 定量生命科学研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18K2
研究概要:
植物のRNAサイレンシングは人為的に導入した外来DNAの機能発現を阻害します。そのため、大規模ゲノム改変など、将来的に高機能物質生産が期待できる技術の導入を妨げると予想されます。本研究は新規試験管内系を用いた生化学に情報科学的アプローチを加えることによって、RNAサイレンシングを引き起こす隠れた法則や特徴を発見します。これを基盤として、高効率で外来DNAの発現を可能にする技術開発を目指します。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る