研課題
J-GLOBAL ID:202104002773756420  研究課題コード:17822827

超高齢社会における高齢者のための情報想起支援

体系的課題番号:JPMJKB1602
実施期間:2017 - 2019
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 科学技術創成研究院 )
研究概要:
本研究交流は、高齢者が他者と会話などをしている状況において、明示的な検索要求なしで会話の文脈などの情報を利用することで、思い出せない過去の経験などについての情報想起を支援するシステムを研究開発することを目的とする。 具体的には、1) 個人の経験を示す文書、写真、ビデオなどのデータを収集し、2) それらに様々な情報を付与することで、個人の知識ベースを構築した上で、3) 個人知識ベースを知的に検索し、4) 検索した情報を提示するシステムを研究開発する。日本側チームはすでに2)、 4)で多くの成果を上げており、台湾側チームは2)、3)に強みを持っており、それぞれの強みのある部分を中心に研究開発を行う。 日台の研究チームによる共同研究を通して、高齢者が幸福かつ健康に暮らす上で重要な、他者とのコミュニケーションを促進する情報想起支援システムが実現し、文化や伝統の継承がより円滑に進められると期待される。
研究制度:
上位研究課題: 台湾
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る