研課題
J-GLOBAL ID:202104010284991176  研究課題コード:7700007350

タグ配列を持つアレル特異的PCRプライマーによる実用的SNP検出

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 産業科学研究所機能分子科学研究部門, 教授 )
研究概要:
アレル特異的PCR法は、PCRが「進む」か「進まない」かにより遺伝子タイプを判定する最も簡単な遺伝子変異検出法であるが、PCRの進行を判定する簡便な手法の開発が実用化のボトルネックとなっている。本提案課題では、ミスマッチ塩基対が導入されたヘアピン構造でPCRプライマーを標識し、開発済みのミスマッチ塩基対結合低分子リガンド固定化センサーによりPCR進行を残存プライマー量で判定する。PCRが進むとヘアピン構造が解消されてしまう点がアイデアの根幹である。アレル特異的PCR法による超迅速、簡易、安価な遺伝子変異検出法の実用化を目指す。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る