研課題
J-GLOBAL ID:202104011551179636  研究課題コード:7700000835

ナノスケール機能調和人工格子による強相関電子デバイスの創製

体系的課題番号:JPMJPR0196
実施期間:2001 - 2004
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 産業科学研究所, 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR0196
研究概要:
遷移金属酸化物は、非常に強い電子相関のため強磁性、超巨大磁気抵抗、超伝導、等の多彩な物性(強相関電子物性)発現します。この物質と光・電場に応答する酸化物半導体材料をナノスケールで組み合わせた機能調和人工格子により、強相関電子の振る舞いを明らかにすると共に、界面を通じて電子の動きを制御して強相関電子物性を室温で光・電場を用いスイッチできる新機能材料・デバイスを創出します。
研究制度:
上位研究課題: ナノと物性
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る