研課題
J-GLOBAL ID:202104013923445560  研究課題コード:11104611

ナノ-マイクロ炭素系粒子の3次元構造化によるアルミの高熱伝導化

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 接合科学研究所, 教授 )
研究概要:
Al-SiCおよびAl-SiC-VGCF複合粉末を熱間鍛造加工により緻密固化し、アルミ粉末焼結体内の旧粉末粒界(PPB)における表面電位差を走査型ケルビンプローブフォース顕微鏡によって計測し、焼結体の伝導性に及ぼす粒界(酸化皮膜)および分散第2相粒子(SiC/CNT)の影響を調査した。その結果、焼結体の旧粉末素地内では0.03V程度の微小な電位差であるのに対して、酸化膜が存在するPPBでは0.14~0.19Vに増大した。SiC粒子が分散する試料でのPPBにおける電位差は0.64~0.69Vとさらに高い値を示した。単体では高い電気・熱伝導性を有するSiC粒子が分散するアルミ素材であっても、原料粉末表面を覆う酸化膜の影響によりバルク体としての物性は大幅に低減した。また、部分溶融法により酸化膜を分断することで旧粉末粒界における伝導性向上を確認した。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る