研課題
J-GLOBAL ID:202104015920226738  研究課題コード:09157518

電子注入型水溶性ポリチオフェン誘導体の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , グローバルエッジ研究院, テニュア・トラック助教 )
研究概要:
有機エレクトロニクスデバイスの正極代替または正孔注入材料として水溶性ポリチオフェン誘導体(PEDOT-PSS)の開発が進んでいる。ウェットコーティングで製膜可能であると共に、有機溶媒可溶の導電性高分子を多層コーティングできる利点が大きい。本研究では、ウェットプロセスのみでの低コストデバイス作製法の確立を目指し、負極代替あるいは電子注入層として応用可能な水溶性ポリチオフェン誘導体を開発する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る