研課題
J-GLOBAL ID:202104018058445585  研究課題コード:13408390

全固体電池チーム

体系的課題番号:JPMJAL1301
実施期間:2013 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学(系)研究科(研究院), 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJAL1301.13408390
研究概要:
電解液を固体電解質に代えた全固体電池の実用化に向けた研究を行います。 全固体電池は、可燃性の電解液を使用しないので、漏液の心配がなく安全性が高い電池と考えられており、自動車用電源などに期待されています。硫化物及び酸化物系無機固体電解質に適した界面構築、材料プロセス、電池設計などの要素技術を、「硫化物型全固体電池」と「酸化物型全固体電池」の2つのサブチームに分けて研究しており、前者は技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC)と連携して実用化に向けた研究を更に加速しています。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 次世代蓄電池
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る