研究者
J-GLOBAL ID:200901021660620953   更新日: 2020年08月29日

辰巳砂 昌弘

タツミサゴ マサヒロ | Tatsumisago Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka2/index.html
研究分野 (3件): 複合材料、界面 ,  無機材料、物性 ,  無機物質、無機材料化学
研究キーワード (8件): 全固体電池 ,  固体電解質 ,  イオニクス ,  ガラス ,  無機材料 ,  Composite Materials and Properties ,  Inorganic Materials Science and Properties ,  Industrial Inorganic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1996 - 全固体リチウム二次電池の開発
  • 1990 - 新しいナノ複合材料の開発
  • 1985 - ゾル-ゲル法による機能性材料の開発
  • 1982 - イオニクス材料の開発
  • 1980 - 超急冷によるニューガラスの開発
全件表示
MISC (367件):
特許 (14件):
  • ガラス基材の曲げ強度の向上方法
  • 表面に微細な凹凸を有する膜、反射防止膜、それらの製造方法および光学部材
  • プロトン伝導体、プロトン交換膜、および燃料電池
  • 新規高イオン伝導性イオンガラス組成物およびその製造方
  • ガラス基材の曲げ強度の向上方法
もっと見る
書籍 (25件):
  • 環境調和型材料シリーズ「燃料電池材料」 辰巳砂昌弘(分担執筆) 「無機-有機ハイブリッド電解質とガラス電解質」
    (社)日本セラミックス協会[編]、日刊工業新聞社 2007
  • 固体二次電池の開発 -高性能化と製造技術- 辰巳砂昌弘・林 晃敏(分担執筆) 「粉体技術による全固体電池の作製」
    サイエンス&テクノロジー 2007
  • ゾル-ゲル法および有機-無機ハイブリッド材料 -構造制御・高性能化とその応用- 忠永清治・辰巳砂昌弘(分担執筆) 「電気泳動電着法による透明厚膜の作製」
    技術情報協会 2007
  • ゾル-ゲル法および有機-無機ハイブリッド材料 -構造制御・高性能化とその応用- 辰巳砂昌弘・忠永清治(分担執筆) 「無機-有機ハイブリッドおよびコンポジット電解質の作製」
    技術情報協会 2007
  • 現代無機材料科学(編著:足立吟也、南 努) 辰巳砂昌弘(分担執筆) 「光通信材料 -ブロードバンド時代を支える」
    化学同人 2007
もっと見る
Works (4件):
  • 都市エリア産学官連携促進事業(大阪中央エリア)(グループリーダー)次世代シートデバイスのためのナノマテリアルの研究開発
    2007 - 2009
  • NEDO固体高分子形燃料電池システム技術開発事業(研究代表者)ゾルーゲル法による無機ベース複合系固体電解質膜の研究開発
    2002 - 2004
  • 日本学術振興会未来開拓学術研究推進プロジェクト(リーダー)新規な固体電解質材料の創製と応用
    1996 - 2000
  • Proparation and Application of Newly Designed Solid Electrolytes
    1996 - 2000
学歴 (4件):
  • - 1980 大阪大学 応用化学
  • - 1980 大阪大学
  • - 1978 大阪大学 応用化学
  • - 1978 大阪大学
学位 (2件):
  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (大阪大学)
経歴 (10件):
  • 1993 - 1996 大阪府立大学 助教授
  • 1993 - 1996 大阪府立大学
  • 1996 - - 大阪府立大学 教授
  • 1991 - 1993 大阪府立大学 講師
  • 1991 - 1993 大阪府立大学
全件表示
委員歴 (3件):
  • 固体イオニクス学会 役員
  • 日本ゾル-ゲル学会 理事
  • 電気化学会 関西支部幹事
受賞 (9件):
  • 2006 - Best Paper Award in IUMRS-ICA2006
  • 2002 - 日本化学会学術賞
  • 2001 - 日本セラミックス協会学術賞
  • 1998 - 日本セラミックス協会学術論文誌1997年論文賞
  • 1995 - 第10回固体イオニクス国際会議最優秀ポスター賞
全件表示
所属学会 (8件):
固体イオニクス学会 ,  日本ゾル-ゲル学会 ,  米国セラミックス学会(American Ceramic Society) ,  アメリカ材料学会(Materials Research Society) ,  近畿化学協会 ,  電気化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る