Rchr
J-GLOBAL ID:200901021256770658   Update date: Oct. 22, 2021

Ohno Ken-ichi

オオノ ケンイチ | Ohno Ken-ichi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): Pharmaceuticals - analytical and physicochemistry ,  Analytical chemistry
Research keywords  (6): 検査、診断 ,  酸化ストレス ,  イムノアッセイ ,  微量分析 ,  生物発光化学発光 ,  光計測
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2022 質量分析法を用いた肥満による喘息の重症・難治化因子の同定と治療法の開発
  • 2013 - 2016 Targeted steroidomics research for diagnosis of adrenocortical disease
  • 2011 - 2012 前立腺がんの進展とアンドロゲンの動態解析
  • 2010 - 2012 Development of the analytical method for estrogen-o-quinones and its application to the study on the initiation mechanism of human breast cancer
  • 2009 - 2011 Development of ultrasensitive bioluminescent immunoassay by using DNA amplification technique
Show all
Papers (23):
MISC (7):
Books (6):
  • 大学1年生が学ぶ大学基礎論 : よい人間関係づくりのために
    悠々舎,東京六法出版 (発売) 2017 ISBN:9784903083452
  • 免疫測定法 : 基礎から先端まで
    講談社 2014 ISBN:9784061543850
  • よくわかる薬学分析化学
    廣川書店 2014 ISBN:9784567257008
  • 環境分析ガイドブック
    丸善 2011 ISBN:9784621082775
  • 薬学分析科学の最前線
    じほう 2009 ISBN:9784840739658
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • キノリンカルボン酸試薬を用いたプロトン親和型誘導体化の開発とLC-ESI-MS/MSによるステロイドの定量
    (日本薬学会年会要旨集 2020)
  • 電気化学測定によるセサモールの簡易分析法の開発
    (日本薬学会年会要旨集 2020)
  • 白内障の病態形成に関与するクリスタリン中Asp残基異性化の乳酸による触媒機構 計算化学的・生化学的検討
    (日本薬学会年会要旨集 2019)
  • 環境応答性蛍光リガンドの開発とエストロゲン様化合物の活性測定への応用
    (日本薬学会年会要旨集 2019)
  • K562細胞におけるセサモールの抗腫瘍効果に関する構造活性
    (日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2018)
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 Showa University
  • 1997 - 1999 Showa University
  • 1993 - 1997 Showa University Division of Pharmacology
Professional career (1):
  • Doctor (Pharmaceutical Science) (Showa University)
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 帝京平成大学 薬学部 准教授
  • 2016/04 - 2020/03 東北医科薬科大学 薬学部 准教授
  • 2015/04 - 2016/03 東北薬科大学 薬学部 准教授
  • 2011/04 - 2015/03 東北薬科大学 薬学部 講師
  • 2009/04 - 2011/03 Tokyo Medical and Dental University Graduate School of Health Care Sciences
Show all
Committee career (4):
  • 2011 - 2020 日本分析化学会 東北支部幹事
  • 2011 - 2016 日本分析化学会 分析化学編集委員
  • 2014 - 2015 日本薬学会 東北支部幹事
  • 2002 - 2011 日本分析化学会 関東支部幹事
Association Membership(s) (3):
日本薬学会 ,  日本分析化学会 ,  日本生物発光化学発光研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page