Rchr
J-GLOBAL ID:200901026708332442   Update date: Aug. 31, 2020

Nagahama Tatsumi

ナガハマ タツミ | Nagahama Tatsumi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Neuroscience - general ,  Neuroscience - general
Research keywords  (5): 行動生理学 ,  感覚生理学 ,  神経生理学 ,  Neurobiology ,  Neurophysiology
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2009 - 2012 光活性化興奮能の移植による単一ニューロンレベルでの機能探究
  • 2006 - 2011 老化や環境変化に伴う摂食行動異常の分子機構
  • 2001 - 2003 中枢同定ニューロンへの遺伝子操作による人為的行動修飾の研究
  • 2000 - 2002 摂食行動で見られる神経回路網可塑性の発現機構の研究
  • 1999 - 2000 吐き出し行動で見られる摂食神経回路網のシナプス修飾の研究
Show all
Papers (15):
Books (5):
  • 研究者が教える動物実験(尾崎他編集、日本比較生理生化学会編)第2巻
    共立出版 2015
  • 研究者が教える動物実験(尾崎他編集、日本比較生理生化学会編)第3巻
    共立出版 2015
  • 行動生物学辞典
    東京化学同人 2013
  • 研究者が教える動物飼育 (日本比較生理生化学会編、針山他編集)第1巻
    共立出版 2012
  • 学習と記憶の比較生物学(日本比較生理生化学会編、曽我部正博担当編集)、『動物の多様な生き方』第4巻
    共立出版 2009
Lectures and oral presentations  (8):
  • アメフラシの老化によるコリン作動性シナプス応答減弱が摂食口運動パターンに与える影響
    (第41回日本神経科学学会 2018)
  • アメフラシはすごい「生物多様性から人間を考える」
    (第36回東邦大学生命科学シンポジウム 2017)
  • アメフラシにおけるコリン作動性運動ニューロンによる開口運動への老化の影響
    (第40回日本神経科学学会 2017)
  • Effects of aging on the food intake and the function of the related synapse in the feeding behavior of Aplysia kurodai.
    (Society for Neuroscience Annual Meeting (Neuroscience 2016) 2016)
  • Effects of aging on the food intake and the synaptic function in the feeding behavior of Aplysia kurodai.
    (2016)
more...
Works (2):
  • 特定神経細胞への人為的遺伝子導入による高次神経機能の解析に関する研究
    1998 - 2000
  • アメフラシ皮膚神経系を用いたヒト皮膚刺激感試験代替法の開発
    1996 -
Professional career (1):
  • 薬学博士 (北海道大学)
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 Teikyo Heisei University Faculty of Health and Medical Science, Department of Health and Dietetics
  • 2004/04 - 2018/03 Toho University Faculty of Pharmaceutical Sciences
Committee career (2):
  • 2006 - 2008 日本比較生理生化学会 編集幹事
  • 2004 - 2006 日本生物物理学会 編集委員
Association Membership(s) (5):
米国生理学会(American Physiological Society) ,  北米神経科学会(Society for Neuroscience) ,  日本神経科学会 ,  日本比較生理生化学会 ,  日本生物物理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page