Rchr
J-GLOBAL ID:200901027679592606   Update date: Jun. 06, 2020

Arima Kazunari

アリマ カズナリ | Arima Kazunari
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (1):
  • Kagoshima University  Faculty of Science, Department of Chemistry and BioScience   Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~arima/
Research field  (5): Medical biochemistry ,  Molecular biology ,  Functional biochemistry ,  Structural biochemistry ,  Biochemistry
Research keywords  (5): 酵素化学 ,  タンパク質化学 ,  Enzymatic Chemistry ,  Molecular Biology ,  Protein Chemistry
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2010 - メロン成分の研究とその応用
  • 2010 - エラスチンのバイオマテリアルとしての応用研究
  • 2010 - Study on constituents of melon
  • 2010 - Applied Research of Elastin as a biomaterial
  • 2000 - プロテアーゼの関与する疾患に関する研究
Show all
MISC (42):
Patents (2):
  • 加水分解酵素の活性測定法
  • 線維素溶解剤及びその製法並びにウリ科植物の果実の用法
Books (4):
  • 酵素利用技術体系 〜基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで〜
    NTS 2010
  • バイオプロセスハンドブック 第1編 生物の働きとバイオケミカルエンジニアリングの基礎 特定研究08/マイクロリアクターを用いた酵素研究 104-110
    NTS 2007
  • BIONICS トピックス/レビュー 酵素研究の新展開〜マイクロリアクタ〜 78-80
    オーム社 2005
  • Handbook of Proteolytic Enzymes 2nd Edn. 357. Melains and phytolacains : 1148-1149 569. Cucumisin : 1839-1841
    Academic Press 2004
Lectures and oral presentations  (34):
  • Identification of mouse IgG antibody-binding peptide by screening from T7 phage random peptide library
    (5th International Peptide Symposium 2010)
  • Human IgA binding peptide from random peptide library: its application for affinity purification of IgA
    (5th International Peptide Symposium 2010)
  • Isolation and characterization of human IgA-specific binding peptides from random peptide library on T7 phage display system
    (5th International Peptide Symposium 2010)
  • BIAcore T100によるT7ファージ上に提示された特異ペプチドとヒト抗体との相互作用解析
    (BIA Symposium 2010 2010)
  • IgG特異的結合ペプチドを用いたヒト血清からの抗体精製法の検討
    (第10回日本蛋白質科学会年会 2010)
more...
Works (5):
  • NEDO大学発事業創出実用化研究開発事業事前調査事業(F/S)「ウリ科植物果実を原料とする血栓溶解剤開発」
    2005 -
  • (財)鹿児島科学研究所研究助成事業「マイクロリアクターを用いた酵素の連続反応技術の応用」
    2005 -
  • 鹿児島県新技術開発推進協議会 「食品廃棄物成分を用いた乳酸合成マイクロリアクターシステムの開発」
    2001 - 2002
  • 実吉奨学会 「食品廃棄物成分を用いた乳酸合成マイクロリアクターシステムの開発」
    2001 - 2002
  • 地域新生コンソーシアム研究開発事業 「マイクロ化学プラントを用いた焼酎蒸留残渣の有効利用技術の開発」
    2002 -
Professional career (1):
  • Ph.D (Kyushu Institute of Technology)
Committee career (1):
  • 2008 - 2009 研究評価委員会「革新的マイクロ反応場利用部材技術開発分科会」技術委員
Association Membership(s) (5):
鹿児島県本格焼酎技術研究会 ,  化学とマイクロ・ナノシステム研究会 ,  日本病態プロテアーゼ学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page