Rchr
J-GLOBAL ID:200901034281594354   Update date: Jul. 16, 2021

YAMAMURO Kazuya

YAMAMURO Kazuya
Affiliation and department:
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (5): 文章表現指導 ,  教員養成 ,  教科教育 ,  文法教育 ,  国語科教育
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2014 - 2018 作文を支援する語彙・文法的事項に関する研究
  • 2011 - 2013 小学校国語科における能動的な言語力を育成するための文法体系の開発
  • 2004 - 2007 国語科における機能的アプローチによる文法教育の再構築に関する実証的研究
Papers (36):
  • A study on the composition of textbooks in elementary school Japanese language textbooks in the "expression and understanding" era. 2019. 7-25
  • Consideration on the sound of Japanese words from the view point of Kindergarten/Elementary school Transition:From Elementary school curriculum 'Japanese' to Kindergarten curriculum 'Language'. THE JAPANESE JOURNAL OF PRIMARY EDUCATION. 2019. 20. 20-35
  • これからの「国語の特質」研究の可能性-全国大学国語教育学会における2回のラウンドテーブルをふまえて-. 「言葉の学びを考える」. 2018. 2. 1-8
  • 国語教育におけるコーパス活用の可能性. 月刊国語教育研究. 2017. 540. 28-31
  • 「国語の特質」研究の方向性を俯瞰する. 「言葉の学びを考える」. 2016. 1. 3-5
more...
MISC (1):
  • 「言葉の響き」の視点からみた絵本の分析的研究. 初等教育論集. 2021. 22. 79-95
Books (25):
  • 国語教育指導用語辞典 「第五版」
    教育出版 2018
  • 言語活動中心国語概説-小学校教師を目指す人のために-
    学文社 2018
  • 平成29年度改訂小学校教育課程実践講座「国語」
    ぎょうせい 2017
  • 時間の流れと文章の組み立て・林言語学の再解釈
    ひつじ書房 2017
  • 教科教育学シリーズ01『国語科教育』
    一藝社 2015 ISBN:9784863590793
more...
Lectures and oral presentations  (59):
  • 言語感覚としての文法-「文法感覚」の再構築-
    (第140回 全国大学国語教育学会 2021年春期大会(オンライン) 2021)
  • 教員養成と教職課程運営センターの役割
    (新・教職課程の全学組織と質向上の方策 2021)
  • これからの「国語の特質」に関する研究の方向性
    (第25回 日本語文法教育研究会 2021)
  • 国語・国文学への誘い
    (中学2・3年生対象 分野別勉強会 国語・文学 2019)
  • 言葉に関わる「知識及び技能」を「思考力・判断力・表現力等」の育成を通していかに具体化するか(2)-文法-
    (第136回全国大学国語教育学会 2019)
more...
Works (19):
  • キーワードで読み解く!国語教育・国語授業「敬語」 敬語における「相互尊重」と「自己表現」-なぜ、何を、どのように伝えるか-
    2020 -
  • キーワードで読み解く!国語教育・国語授業「敬語」敬語における「相互尊重」と「自己表現」-なぜ、何を、どのように伝えるか-
    2020 -
  • 書評『読めばなっとく日本語の文法』(子どもの未来社刊)文法学習の活性化につなげる好機
    2019 -
  • 提言・系統性・計画性を考えた学習指導計画作成のポイント言葉の意識化・知識・運用をスパイラルに考える
    2018 -
  • 提言・系統性・計画性を考えた学習指導計画作成のポイント 言葉の意識化・知識・運用をスパイラルに考える
    2018 -
more...
Education (2):
  • 2009 - 2012 Tokyo Gakugei University
  • 1986 - 1988 Tokyo Gakugei University
Professional career (2):
  • Master (Tokyo Gakugei University)
  • Doctor (Tokyo Gakugei University)
Work history (11):
  • 2017/04 - 現在 Kokushikan University Faculty of Letters, Department of Education
  • 2016/04 - 現在 国士舘大学大学院 人文科学研究科 教育学専攻(博士課程) 教授
  • 2016/04/01 - 現在 国士舘大学大学院 人文科学研究科 教育学専攻(博士課程) 教授
  • 2013/04 - 現在 国士舘大学大学院 人文科学研究科 教育学専攻(修士課程) 教授
  • 2013/04/01 - 現在 国士舘大学大学院 人文科学研究科 教育学専攻(修士課程) 教授
Show all
Committee career (4):
  • 2017/06 - 現在 東京学芸大学国語教育学会 評議員
  • 2014/06 - 現在 東京学芸大学国語国文学会 評議員
  • 2015/06 - 2018/05 東京学芸大学国語教育学会 紀要編集委員
  • 2009/04 - 2017/05 東京学芸大学国語教育学会 研究担当理事
Association Membership(s) (11):
国語教育史学会 ,  東京学芸大学国語国文学会 ,  東京学芸大学国語教育学会 ,  日本語文法学会 ,  大学教育学会 ,  日本読書学会 ,  日本語学会 ,  表現学会 ,  日本国語教育学会 ,  全国大学国語教育学会 ,  日本リメディアル教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page