Rchr
J-GLOBAL ID:200901055933647835   Update date: May. 15, 2021

Ueno Masaharu

ウエノ マサハル | Ueno Masaharu
Affiliation and department:
Research field  (5): Synthetic organic chemistry ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry ,  Nano/micro-systems ,  Nanomaterials
Research keywords  (15): Total Synthesis ,  Flow Synthesis ,  water ,  Allylation ,  One pot Reaction ,  Tandem Reaction ,  Bismuth ,  Asymmetric Synthesis ,  Asymmetric ,  Catalyst ,  Organic Synthesis ,  Green Chemistry ,  反応場 ,  触媒化学 ,  マイクロリアクター
Papers (57):
more...
Patents (6):
Books (7):
  • 触媒化学
    裳華房 2019 ISBN:9784785332280
  • フロー・マイクロ合成-基礎から実際の合成・製造まで-, 第20章 気液反応
    Kagaku-Dojin Publishing Company,INC 2014
  • マイクロ・ナノ化学チップと医療・環境・バイオ分析, 第32章 マイクロリアクター・合成
    技術教育出版社 2009
  • Enantioselective Synthesis of -Amino Acids.2nd Edition, Chapter 6 Catalytic Enantioselective Mannich Reaction
    John Wiley & Sons, Inc. 2005
  • 触媒活用大事典, 第III部 展望編 「4.マイクロリアクタにおける触媒 catalysis for microreactor」
    工業調査会 2004
more...
Lectures and oral presentations  (158):
  • 照射波長によるスチルバゾール類光異性化/環化反応の厳密な制御
    (日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 公演番号 A17-4am-08 2021)
  • ワンポットタンデムカップリング反応を用いた環境調和型Riccardin Cの全合成研究
    (日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 公演番号 A19-2pm-06 2021)
  • 金属ストロンチウムを用いたアセチレン骨格を複数持つ化合物を構築することによる短工程多置換イソベンゾフラノン合成手法の開発
    (日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 公演番号 A15-1vn-10 2021)
  • 金属ストロンチウムを用いる種々のアミド化合物への半アルキル化反応の応用
    (日本化学会第101春季年会, オンライン開催, 公演番号 A15-1vn-09 2021)
  • ストロンチウムーメタラサイクル中間体を用いた機能性含ケイ素化合物の簡便な合成手法の開発及びその置換基効果による物性評価
    (日本化学会第100春季年会, 東京理科大学(千葉), 公演番号3H8-49 2020)
more...
Association Membership(s) (3):
化学とマイクロナノシステム学会 ,  THE SOCIETY OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY, JAPAN ,  THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page