Rchr
J-GLOBAL ID:200901063282163306   Update date: Oct. 30, 2020

Uno Masayoshi

ウノ マサヨシ | Uno Masayoshi
Research field  (1): Nuclear engineering
Research keywords  (6): 原子炉材料 ,  核燃料 ,  原子力 ,  Nuclear materials ,  Nulcear fuel ,  Nuclear engineering
Research theme for competitive and other funds  (25):
  • 2009 - 2013 「もんじゅ」における高速増殖炉の実用化のための中核的研究開発
  • 2009 - 2012 SPS法と低温熱物性測定を利用した難焼結性(U,Th)O2ペレットの燃料物性評価
  • Properties of ceramics fuels
  • Structure and Properties of oxide ceramic waste forms
  • Photo-electrochemeical Properties of Zirconium oxide
Show all
Papers (48):
MISC (359):
Books (4):
  • 原子力・量子・核融合事典
    2014 ISBN:9784621088746
  • Comprehensive Nuclear Materials
    2012
  • Inorganic and Metallic Nanotubular Materials
    2010 ISBN:9783642036200
  • Handbook of nanophysics
    2010 ISBN:9781420075526
Lectures and oral presentations  (24):
  • 福井大学の原子力研究および人材育成
    (原子燃料の高度化に関する調査委員会 2017)
  • ナトリウム冷却高速炉における格納容器破損防止対策の 有効性評価技術の開発 (17)全体成果の概要
    (日本原子力学会2017年秋の大会 2017)
  • ナトリウム冷却高速炉における格納容器破損防止対策の有効性評価技術の開発 (18)ナトリウム燃焼時の熱影響詳細評価手法の開発のまとめ
    (日本原子力学会2017年秋の大会 2017)
  • ナトリウム冷却高速炉における格納容器破損防止対策の有効性評価技術の開発 (24)バウンダリ構成機器の機能限界検証試験と解析
    (日本原子力学会2017年秋の大会 2017)
  • ナトリウム冷却高速炉における格納容器破損防止対策の有効性評価技術の開発 (25) バウンダリ構成機器の機能限界評価法の提案
    (日本原子力学会2017年秋の大会 2017)
more...
Works (36):
  • SiC/SiC被覆管のPCI挙動解明, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 酸化物ナノホールアレイの電気化学特性に関する基礎研究
    2006 -
  • チタン合金を用いた環境に優しい高出力熱電発電モジュールの開発
    2006 -
  • バルク金属水素化物の創生と高温物性評価ならびに軽水炉燃料被覆管の健全性評価
    2006 -
  • マイナーアクチニド含有ターゲットの基礎的特性評価に関する研究
    2006 -
more...
Education (2):
  • 1983 - 1988 Osaka University
  • 1978 - 1983 Osaka University
Professional career (1):
  • トリウム窒化物の合成とその酸化挙動に関する研究 (大阪大学)
Work history (2):
  • 1991/04 - 2009/03 Graduate School of Engineering, Osaka University Associate Professor
  • 1988/04 - 1991/03 Nuclear Fuel Development Researcher
Committee career (2):
  • 2010 - 日本原子力学会 編集委員
  • 1984 - 日本原子力学会 一般会員
Association Membership(s) (14):
社団法人 日本セラミックス協会 ,  社団法人 電気化学会 ,  Atomic Energy Society of Japan ,  Materials Research Society ,  The Ceramics Society of Japan ,  The American Ceramic Society ,  The Electrochemical Society of Japan ,  日本原子力研究所 ,  日本原子力学会 ,  The American Ceramic Society ,  Materials Research Society ,  Atomic Energy Society of Japan ,  The Ceramics Society of Japan ,  The Electrochemical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page