Rchr
J-GLOBAL ID:200901065284413191   Update date: Jan. 09, 2022

ANZAI Hirosi

アンザイ ヒロシ | ANZAI Hirosi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (9): Functional biochemistry ,  Structural biochemistry ,  Ecology and environmental science ,  Applied microbiology ,  Marine/Aquatic life sciences ,  Molecular biochemistry ,  Forest science ,  Bioorganic chemistry ,  Applied biochemistry
Research keywords  (18): bacterial flora ,  larva ,  beetle ,  Polysaccharide ,  Bioactive substance ,  Sea weed ,  Extracellular polysaccharide ,  Bacteria ,  Insect ,  Invertebrate ,  Polysaccharide digestive enzyme ,  Polysaccharide ,  Microbiology ,  Insect ,  バイオマス ,  バイオリファイナリー ,  アジア型 ,  GlycoBiochemistry
Papers (83):
more...
MISC (1):
Patents (3):
  • ロドコッカス属に属する細菌の生産する細胞外多糖及びそれを用いた海洋環境の浄化方法
  • 新規キシラナーゼ、該キシラナーゼを生産するフリゴリバクテリウム属細菌、及び該キシラナーゼの産生方法
  • 吸湿及び保水効果を示す脂質含有酸性多糖からなる保水剤、吸湿剤及び増粘剤
Books (2):
  • 新バイオテクノロジーテキストシリーズ 遺伝子工学[第2版]
    講談社 2013 ISBN:9784061563544
  • 水産食品栄養学-基礎からヒトへ-
    技報堂出版 2004 ISBN:4765502406
Lectures and oral presentations  (59):
  • 飼育下バンドウイルカ(Tursiops truncatus)の肺胞内細菌叢解析
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • カブトムシ幼虫のリグニン分解能力について
    (第64回日本応用動物昆虫学会大会 2020)
  • 栄養生理から見たアロウミツノクロツヤムシ Ceracupes arrowiの養育行動の意義
    (日本甲虫学会第10回大会 2019)
  • Changes in Skin Mucus Protein Profile and Immune-Related Gene Expression in Skin of Japanese Flounder Paralichthys Olivaceus Fed a Diet Supplemented with High Concentrations of Ascorbic Acid
    (8th International Symposium on Aquatic Animal Health 2018)
  • 高濃度アスコルビン酸投与がヒラメ皮膚組織における生体防御因子の発現に及ぼす影響
    (平成30年度日本魚病学会春季大会 2018)
more...
Education (3):
  • - 1984 Tohoku University 農芸化学
  • - 1978 Nihon University 水産学科
  • - 1978 Nihon University 水産学科
Work history (16):
  • 2021/04 - 現在 日本大学大学院生物資源科学研究科 生物資源利用科学専攻 特任教授
  • 2021/04 - 現在 日本大学生物資源科学部 くらしの生物学科 特任教授
  • 2015/04 - 現在 日本大学大学院生物 生物資源利用科学専攻 教授
  • 2015/04 - 2021/03 日本大学大学院生物資源科学研究科 生物資源利用科学専攻 教授
  • 2015/04 - 2021/03 日本大学生物資源科学部 くらしの生物学科 教授
Show all
Committee career (9):
  • 2019/06 - 現在 NPO法人 日本バイオ技術教育学会 理事長
  • 2016/07 - 現在 茅ヶ崎市 茅ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会委員・会長
  • 2012/11 - 現在 藤沢市 藤沢市環境審議会委員
  • 2006/07 - 現在 NPO法人 日本バイオ技術教育学会 理事
  • 2018/04 - 2019/06 NPO法人 日本バイオ技術教育学会 副理事長
Show all
Association Membership(s) (17):
The Entomological Society of Japan ,  Japanese Society of Microbial Ecology ,  The Japanese Society of Applied Entomology & Zoology ,  JAPANESE SOCIETY OF ENVIRONMENTAL ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY ,  Japan Association of Biotechnology Education ,  The Cellulose Society of Japan ,  Japan Society for Bioresource Sciences ,  The Japanese Society of Applied Glycoscience ,  The Society of Biological Sciences Education of Japan ,  Japanese Society for Aquaculture Research ,  Japanese Society of Marine Biochemistry ,  Japanese Society of Carbohydrate Research ,  The Japanese Biochemical Society ,  The Society for Biotechnology,Japan ,  Japan Society for Bioscience,Biotechnology,and Agrochemistry ,  The Japan Society of Fisheries Science ,  Forum:Carbohydrates coming of age
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page