Rchr
J-GLOBAL ID:200901093625793005   Update date: Jul. 18, 2019

YOSHIO ONO

オノ ヨシオ | YOSHIO ONO
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (1): leadership/followership/motivation
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2015 - 現在 酒造業経営者の企業家行動
  • 2014 - 現在 社員満足を実現している優良中小企業経営者のリーダーシップ研究
  • 2003 - 現在 フォロワーの視点からリーダーシップのあり方についてフィールド・ワークによる探索的視点で現場発のリーダーシップの概念を探求している。
Papers (61):
  • Yoshio Ono, Tanaporn Siratanapanta. The Entrepreneurial Behavior of Sake Brewing Business Owners: Research on the Business Change of Japanese Sake Makers in Shiga Prefecture. The 3rd Technology Innovation Management and Engineering Science International Conference. 2018
  • Yoshio Ono. Entrepreneurial Behavior of Sake Brewing Business Owners Research on the Business Change of Japanese Sake Makers in Shiga Prefecture. THE ANNALS OF HUMAN AND SOCIAL SCIENCES FACULTY OF ECONOMICS SHIGA UNIVERSITY. 2018. 25. 49-76
  • Yoshio Ono. A Study on Management that Pursues Employee Satisfaction. The Hikone Ronso. 2018. 417. 4-23
  • Yoshio Ono. Leadership that Promotes Employee Development. The Hikone Ronso. 2017. 411. 34-50
  • Yoshio Ono. The Competitive Advantage Provided By Close Relationship of Employees. The Hikone Ronso. 2016. 407. 72-89
more...
MISC (26):
  • 西尾久美子, 服部泰宏, 小野善生. 震災から再建に導いたリーダーシップの研究 -神戸洋菓子産業の事例より-. 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー. 2008
  • Kumiko Nishio, Yasuhiro Hattori, Yoshio Ono. Leadership of recovery and reconstruction process after the Great Hanshin-Awaji Earthquake disaster : A case of Kobe confectionary industry. 2008
  • 小野善生. リーダーシップ行動の再検討 -エーザイ株式会社アルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」探索研究チームの事例研究-. 日本経営学会誌. 2007. 19. 3-14
  • 小野善生. 企業再建に導くリーダーシップの研究-フェニックス電機株式会社企業再建プロセスの事例分析-. 組織科学. 2007. 40. 4. 65-75
  • 小野善生. フォロワーの能動性に着目したリーダーシップの研究-フェニックス電機株式会社における企業再建プロセスの事例より-. 彦根論叢. 2007. 367. 33-53
more...
Books (16):
  • 組織行動論 (ベーシック+)
    中央経済社 2019 ISBN:4502295612
  • リーダーシップ徹底講座-すぐれた管理職を目指す人のために
    中央経済社 2018 ISBN:9784502259715
  • やさしい行動経済学
    日本経済新聞出版社 2017 ISBN:453219847X
  • 今もいつかも役に立つリーダーシップ・セオリーブック
    産業能率大学 2017
  • What Constitues Leadership from Follower's Perspectives: A Study of Leaders from Follower7S Narratives
    YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. 2016 ISBN:9784641164871
more...
Lectures and oral presentations  (24):
  • The Entrepreneurial Behavior of Sake Brewing Business Owners: Research on the Business Change of Japanese Sake Makers in Shiga Prefecture
    (The 3rd Technology Innovation Management and Engineering Science International Conference 2018)
  • チームビルディングの中のリーダー・フォロワー論
    (チーム医療安全研修会・2018 (第4回) 2018)
  • フォロワーシップと組織の活性化-多様なフォロワーを組織の力に!-
    (第9回看護経済・政策研究学会学術集会 2018)
  • 誰にも求められるマネジメントとリーダーシップ
    (チーム医療安全研修会・2017 2017)
  • 『経営学の観点から読み解く医療現場におけるフォロワーシップとリーダーシップ
    (第3回日本医療安全学会学術総会 2017)
more...
Works (18):
  • 小野善生(2008)戦前に学ぶ経営とリーダーシップ7出光佐三「人間尊重のリーダーシップ」『京の発言』第10号,京の発言出版66-69頁。
    2008 -
  • 小野善生・西尾久美子(2008)「神戸洋菓子の地場産業化の考察 -商品・顧客・作り手の視点から」企業家研究フォーラム2008年度年次大会報告要旨集14頁
    2008 -
  • 小野善生・西尾久美子・森元伸江(2008)「神戸洋菓子産業の人材育成と事業システム」2008年度組織学会研究発表大会報告要旨集297-300頁
    2008 -
  • 小野善生・柴山桂太・西尾久美子・服部泰宏(2008)「神戸の中小企業経営者のリーダーシップについての研究-震災からの再建事例を通じて-」『都市政策』第131号勁草書房99-100頁。
    2008 -
  • 小野善生(2008)戦前に学ぶ経営とリーダーシップ6竹内明太郎「無私のリーダーシップ」『京の発言』第9号,京の発言出版73-76頁。
    2008 -
more...
Education (4):
  • - 2003 Kobe University
  • - 2003 Kobe University
  • - 1997 Shiga University
  • - 1997 Shiga University
Professional career (2):
  • 修士(経営学) (神戸大学)
  • 博士(経営学) (神戸大学)
Work history (7):
  • 2017/06/01 - 現在 Shiga University Faculty of Economics Professor
  • 2014/10/01 - 2017/05/31 Shiga University Faculty of Economics Associate Professor
  • 2009/04/01 - 2014/09/30 Kansai University
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 Shiga University Faculty of Economics Associate Professor
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 Shiga University Faculty of Economics Associate Professor (as old post name)
Show all
Committee career (3):
  • 2016/09 - 2020/09 日本経営学会 日本経営学会機関誌編集委員
  • 2014 - 2017/09 組織学会 大会委員
  • 2012 - 2014 組織学会 企画・定例委員
Awards (1):
  • 2005 - その他の授与機関 JAAS Award(経営行動科学学会賞)優秀事例賞
Association Membership(s) (2):
日本経営学会 ,  組織学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page