Rchr
J-GLOBAL ID:201101005710572567   Update date: Sep. 30, 2021

OGATA Akiko

オガタ アキコ | OGATA Akiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Educational psychology ,  Special needs education
Research keywords  (3): 専門家の養成 ,  家族支援 ,  発達障害
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2005 - 2008 発達障害(広汎性発達障害、ADHD、LD等)に係わる実態把握と効果的な発達支援手法の開発に関する研究
Papers (6):
more...
MISC (3):
  • Ogata Akiko. Culturally and Linguistically Diverse Students with Developmental Disabilities:Chairperson's Remarks. Japanese Journal of Learning Disabilities. 2019. 28. 2. 213-214
  • 緒方明子. 「気づき」から始まるアセスメント. LD ADHD&ASD. 2018. 66. 8-11
  • 学会企画シンポジウム「英語学習における特異な困難と指導法」企画趣旨. LD研究. 2016. 25. 2. 194-195
Books (23):
  • 教育発達学の展開 幼少接続・連携へのアプローチ 第2章「発達が気になる子どもへの支援 幼児期を中心に」
    風間書房 2020
  • 特別支援教育の到達点と可能性 第2部2-6-1「特別支援教育と教員の専門性」、第3部3-2-2「特別支援教育推進と今後求められる学術研究 日本LD学会から」
    金剛出版 2017 ISBN:9784772415613
  • ワークシートで進める特別支援のSST(中級)
    学研 2017
  • 発達障害事典
    丸善出版 2016 ISBN:9784621300466
  • ワークシートで進める特別支援のSST(初級)
    学研教育みらい 2016
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • 発達障害を中心とする教員免許状の創設の可能性
    (日本LD学会第28回大会 2019)
  • 外国人児童生徒と発達障害
    (日本LD学会第27回大会 2018)
  • 英語学習における特異な困難と指導法
    (日本LD学会第24回大会 2015)
  • 特別支援教育は本当はどこまで進んだか?
    (日本LD学会第23回大会 2014)
  • 改めて{LDとは何か」を問う :「教育の場における学習障害:これまでの20年間の取組と今後の課題」
    (日本LD学会第22回大会 2013)
more...
Works (4):
  • 使いやすい「個別の指導計画」を作るために
    2014 -
  • アメリカのIEP-障害のある子ども・親・学校・行政をつなぐツール
    2012 -
  • グレニス・ジョーンズ著「自閉症・アスペルガー症候群の子どもの教育ー診断、学校選びから自立に向けての指導法ー」
    2005 -
  • 子どもの言語とコミュニケーションの指導
    著者:Bernstein, D.&Tiegerman, E. 翻訳:池弘子, 内山千鶴子, 緒方明子 2000 -
Education (1):
  • 1977 - 1984 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 教育学博士 (筑波大学)
Work history (16):
  • 2010/04 - 現在 Meijigakuin University Faculty of Psychology, Department of Education and Child Development
  • 2002/04 - 現在 The Open University of Japan
  • 2004/04 - 2010/03 Meijigakuin University Faculty of Psychology, Department of Psychology
  • 2002/04 - 2005/03 Lecturer
  • 2002/04 - 2005/03 Lecturer
Show all
Committee career (1):
  • 2000/11 - 現在 日本LD学会 常任理事
Association Membership(s) (5):
関東子ども精神保健学会 ,  日本発達障害学会 ,  日本LD学会 ,  日本行動療法学会 ,  日本特殊教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page