Rchr
J-GLOBAL ID:201501073379624912   Update date: Oct. 22, 2021

立屋敷 哲

立屋敷 哲
Research field  (1): Inorganic and coordination chemistry
Research keywords  (6): Solution Chemistry ,  Bioinorganc Chemistry ,  Coordination Chemistry ,  (9)溶液化学 ,  (4)生物無機化学 ,  5203(1) 金属錯体化学
Research theme for competitive and other funds  (20):
  • 2012 - 2013 *
  • 2011 - 2012 *
  • 2008 - *
  • 2005 - 2006 *
  • 2004 - 2005 *
Show all
Papers (67):
MISC (1):
Books (11):
  • 演習 誰でもできる濃度計算 実験・実習の基礎
    丸善出版 2018
  • からだの中の化学
    丸善出版 2017
  • 錯体化学会選書8.錯体の溶液化学
    三共出版 2012
  • ゼロからはじめる化学
    丸善 2008
  • 生命科学・食品学・栄養学のための有機化学 基礎の基礎 補訂版
    丸善 2006
more...
Lectures and oral presentations  (31):
  • Interaction of Calcium Ions with Caseinphosphopeptide in Human Small Intestine: In Vitro Studies (2)
    (The 65th Symposium of Japan Cociety of Coordination Chemistry 2015)
  • Interaction of Calcium ion with Casein Phosphopeptide in vitro under Condition Similar to Human Small Intestine
    (The 63rd Conference of Japan Society of Coordination Chemistry 2013)
  • 菊花色素・アジサイ色素アントシアニンとアルミニウムイオンとの錯形成
    (第62回錯体化学討論会 2012)
  • 人体の小腸条件下におけるカルシウムイオンの沈殿生成速度とキレート剤の効果
    (第61回錯体化学討論会 2011)
  • 融解配位子を溶媒とするOs(II)ー2,9-ジメチル-1,10-フェナントロリン錯体の合成時における配位子上のメチル基のマイグレーション
    (第60回錯体化学討論会 2010)
more...
Works (5):
  • 核磁気共鳴吸収 (NMR) 法による果汁の成分分析と市販ジュースの評価法の検討
    立屋敷 哲 2003 -
  • 水の科学 2. 水の不思議 : 水と水溶液
    立屋敷 哲 2001 -
  • 水溶液:ものは如何にして水に溶けるか
    立屋敷 哲 1992 -
  • 疎水性相互作用と錯体化学
    1983 -
  • コロイド状粘土への金属錯体のラセミ吸着ー金属錯体の光学分割への応用
    1983 -
Education (3):
  • - 1973 Nagoya University
  • - 1971 Nagoya University
  • - 1967 福岡県立三池高等学校
Professional career (1):
  • 博士(論理博第442号) (名古屋大学)
Work history (18):
  • 2001/04/01 - 現在 Kagawa Nutrition University Kagawa Nutrition University
  • 2008/09 - 2014/03 Lecturer
  • 2000/04 - 2014/03 Lecturer
  • 1996/04 - 2007/09 Lecturer
  • 1995/04/01 - 2001/03/31 Kagawa Nutrition University Kagawa Nutrition University
Show all
Committee career (1):
  • 1987 - 1991 日本化学会 化学教育部会 会員
Association Membership(s) (10):
日本微量元素学会 ,  日本栄養食糧学会 ,  高分子錯体研究会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会 ,  米国化学会 ,  溶液化学研究会 ,  日本化学会コロイド及び界面化学部会 ,  錯体化学会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page