Rchr
J-GLOBAL ID:201601002654108818   Update date: Apr. 22, 2021

Itoh Takeshi

イトウ タケシ | Itoh Takeshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://i.ntu.edu.tw/
Research field  (3): Molecular biology ,  Genomics ,  Evolutionary biology
Research keywords  (3): Database ,  Molecular Evolution ,  Bioinformatics
Papers (82):
more...
MISC (17):
  • 伊藤剛, 沼寿隆, 田中剛. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備 第2章 高次解析システムの整備 1 超高速シーケンサーに対応したゲノム断片の整列化機能(3)プログラム運用. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2017. 570. 16-19
  • 伊藤剛, 沼寿隆, 田中剛. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備 第2章 高次解析システムの整備 2 ゲノム情報を活用した新規遺伝子予測機能(1)予測基礎プログラム構築. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2017. 570. 19-21
  • 伊藤剛, 沼寿隆, 田中剛. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備 第2章 高次解析システムの整備 2 ゲノム情報を活用した新規遺伝子予測機能(2)プログラム結合動作. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2017. 570. 21-23
  • 伊藤剛, 沼寿隆, 田中剛. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備 第2章 高次解析システムの整備 1 超高速シーケンサーに対応したゲノム断片の整列化機能(2)プログラム結合動作. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2017. 570. 14-15
  • 伊藤剛, 沼寿隆, 田中剛. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備 第2章 高次解析システムの整備 2 ゲノム情報を活用した新規遺伝子予測機能(3)プログラム運用. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2017. 570. 23-24
more...
Books (4):
  • Genetics and Genomics of Rice (Plant Genetics and Genomics: Crops and Models)
    Springer 2016 ISBN:1493941321
  • 果樹研究のバイオインフォマティクス
    農研機構果樹研究所 2016 ISBN:9784931299306
  • Rice Functional Genomics: Challenges, Progress and Prospects
    Springer 2010 ISBN:1441923756
  • モデル植物の実験プロトコール : イネ・シロイヌナズナ・ミヤコグサ編
    秀潤社 2005 ISBN:4879622869
Professional career (1):
  • Ph.D. (Nara Institute of Science and Technology)
Awards (2):
  • 2008 - Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology The Young Scientists’ Prize The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology
  • 2007 - Society of Evolutionary Studies, Japan Young Scientist Initiative Award
Association Membership(s) (4):
Society for Molecular Biology and Evolution ,  SOCIETY OF EVOLUTIONARY STUDIES, JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PLANT PHYSIOLOGISTS ,  THE GENETICS SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page