Rchr
J-GLOBAL ID:200901001257747039   Update date: Feb. 05, 2021

Hamasaki Sadahiro

ハマサキ サダヒロ | Hamasaki Sadahiro
Affiliation and department:
Job title: 加工科長
Research field  (1): Horticulture
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2004 - 2006 柿ポリフェノールの高速精製法を用いた機能性食品素材の開発
  • 1997 - 紅葉の保存に関する研究
  • 1997 - Study on Preservation Methods for Red Leaves
  • 食品の機能性に関する研究
  • Research on
Papers (1):
  • 濵崎貞弘. エタノールで脱渋した果実を用いたカキタンニンの迅速な調整法. 園芸学研究. 2010. 9. 3. 367-372
MISC (2):
Patents (3):
  • 柿タンニンの抽出方法、及びこの方法で抽出された柿タンニン
  • 柿の高速脱渋方法
  • 紅葉した葉の保存液、これを用いた紅葉した葉の保存方法及びこの保存方法が施された紅葉した葉
Works (1):
  • 柿ポリフェノールの高速精製法を用いた機能性食品素材の開発
    2004 - 2006
Education (2):
  • - 1987 Kagawa University
  • - 1987 Kagawa University Horticultural Science
Professional career (1):
  • Bachelor (Kagawa University)
Work history (7):
  • 2005 - - 奈良県農業技術センター 総括研究員
  • 2000 - 2004 奈良県農業技術センター 主任研究員
  • 2000 - 2002 Researcher The Nara Prefectural Agricultural
  • 1987 - 1993 奈良県農業試験場 技師
  • 1987 - 1993 Researcher The Nara Prefectural Agricultural
Show all
Awards (1):
  • 2011/03 - 一般社団法人園芸学会 園芸学会賞 年間優秀論文賞 エタノールで脱渋した果実を用いたカキタンニンの迅速な調整法
Association Membership(s) (1):
Japanese Society for Mastication and Health Promotion
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page