Rchr
J-GLOBAL ID:200901004353084228   Update date: Nov. 25, 2020

Koji Uwai

ウワイ コウジ | Koji Uwai
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (2): http://www3.muroran-it.ac.jp/biocathttp://www3.muroran-it.ac.jp/biocat
Research field  (3): Environmental and pharmaceutical development resources ,  Biochemistry ,  Chemical biology
Research keywords  (5): enzyme ,  biocatalyst ,  Alzheimer's disease ,  amyloid-beta ,  bioactive compound
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2019 - 2021 抗アルツハイマー病薬を目指す可溶性アミロイドβオリゴマー形成阻害物質の開発と評価
  • 2018 - 2019 北海道産農作物の核磁気共鳴法による認知機能低下予防活性スクリーニング
  • 2016 - 2018 シソ科植物の成分基づく新規アミロイドβ凝集阻害物質の開発とその分子機構
  • 2015 - 2016 微量ハイスループットスクリーニング法を利用したアオジソ含有Aβ凝集阻害物質の探索
  • 2004 - 2006 化学および生物学的手法による不斉酸化反応を触媒する薬物代謝酵素の単離とその応用
Papers (103):
more...
MISC (13):
Patents (6):
  • 消毒剤
  • DISINFECTANT
  • DISINFECTANT
  • DISINFECTANT
  • 消毒剤
more...
Books (1):
  • BIO Clinica
    北隆館 2016
Lectures and oral presentations  (295):
  • STD-NMR法による植物抽出エキスのアミロイドβ結合スクリーニング
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • かご型構造を有する新規鎮痛性オピオイドペプチドの合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 新規カゴ型ジペプチド有機分子触媒の開発とそれを用いるケトン類と芳香族アルデヒド類との不斉アルドール反応
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 新規鎮痛性低分子オピオイドペプチド化合物の合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 新規ボロンプロリンアミド有機分子触媒を用いる不斉アルドール反応
    (日本薬学会第140年会 2020)
more...
Education (3):
  • - 2000 Tohoku University Pharmaceutical Sciences
  • - 1997 Tohoku University 立体創薬化学
  • - 1995 Tohoku University Department of Pharmaceutical Sciences
Professional career (2):
  • 博士(薬学) (東北大学)
  • Ph.D (Tohoku University)
Committee career (2):
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 日本化学会北海道支部 支部役員
Awards (4):
  • 2016/09/01 - EPAM2016 Best Presentation Award
  • 2014/11/10 - Outstanding Poster Award in The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014)
  • 2013/09/22 - 日本医療薬学会 日本医療薬学会論文賞
  • 2011/12/22 - 第十五回生体触媒化学シンポジウム実行委員会 第十五回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞
Association Membership(s) (9):
The Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry (JSBBA) ,  日本核磁気共鳴学会 ,  The Society of Biocatalysis Japan ,  Japan Society for Demantia Research ,  Japanese Society of Food Chemistry ,  The Society of Biotechnology, Japan ,  The Japanese Society for the Study of Xenobiotics ,  The Pharmaceutical Society of Japan ,  The chemical society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page