Rchr
J-GLOBAL ID:200901010954921836   Update date: Apr. 24, 2020

Koike Kiyoyuki

コイケ キヨユキ | Koike Kiyoyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Measurement engineering ,  Communication and network engineering
Research keywords  (4): 生活行動計測 ,  符号化変調 ,  human behavior monitering ,  coded Modulation
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 多元的センシングシステムの研究
  • 符号化変調方式に関する研究
  • Study on multi - modal sensing system
  • Study on coded modulations methods
Papers (5):
MISC (32):
  • 小池 清之. アナログ乗算ICによる変調器とアナログスイッチによる変調器 (技術解説). CQ出版社,無線と高周波の技術解説マガジン RFワールド No.29, ISBN978-4-7898-4872-5, pp.115-120. 2015
  • 小池 清之. 小さな失敗の積み重ねを経験させるものづくり教育の失敗 (口頭発表). 公益社団法人日本工学教育協会, 工学教育研究講演会講演論文集 平成24年度(60), 4-105, pp.82-83, 東京都江東区. 2012
  • 小池 清之. FPGAの有効性を実感させる比較教材の開発 (口頭発表). 公益社団法人日本工学教育協会, 工学教育研究講演会講演論文集 平成24年度(60), 4-105, pp.82-83, 東京都江東区. 2012
  • 小池 清之. 小さな失敗の積み重ねを経験させるものつくり教育の試み : アナログ電子回路の教育事例 (口頭発表). 公益社団法人日本工学教育協会, 工学・工業教育研究講演会講演論文集 平成21年度(57), 1-110, pp.20-21, 愛知県名古屋市. 2009
  • 小池 清之. 数式で理解するバリオメーター式アンテナコイル. 株式会社学習研究社, 大人の科学マガジン別冊・真空管工作, ISBN978-4-05-605465-1, pp.16-17. 2009
more...
Books (4):
  • 無線と高周波の技術解説マガジン RFワールド No.30 特集:ディジタル無線通信に不可欠の誤り検出/訂正の初歩を学ぶ 初めての誤り訂正符号
    CQ出版社, ISBN978-4-7898-4871-8, 全143頁 2015
  • 無線と高周波の技術解説マガジン RFワールド No.23 特集:業務用ディジタル無線機で主流の変復調方式がわかる!手作りで学ぶπ/4シフトQPSK
    CQ出版社, ISBN978-4-7898-4878-7, 全143頁 2013
  • ゲルマラジオ製作徹底ガイド・初歩のラジオ編集部編
    株式会社誠文堂新光社,ISBN978-4-416-10811-6, 全159頁 2008
  • 実験でわかる物理のキホン!
    株式会社秀和システム, ISBN4-7980-0899-0, 全131頁 2004
Works (4):
  • 多数決論理復号可能符号による積符号の繰り返し復号法の研究
    1998 - 1999
  • Study on iterative decoding of product codes by using majority decodable code
    1998 - 1999
  • 生活アメニティのための知的計測分析技術の研究
    1996 - 1998
  • Study on Intelligent Technology for Measurement and Analysis on Human Life Amenity
    1996 - 1998
Professional career (2):
  • Master of Engineering (Nagaoka University of Technology)
  • 博士(工学) (長岡技術科学大学)
Association Membership(s) (5):
日本知能情報ファジィ学会 ,  日本工学教育協会 ,  情報理論とその応用学会 ,  日本人間工学会 ,  電子情報通信学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page