Rchr
J-GLOBAL ID:200901014692987224   Update date: Oct. 25, 2021

Mizoguchi Hiroyuki

ミゾグチ ヒロユキ | Mizoguchi Hiroyuki
Affiliation and department:
Job title: Associate professor
Research field  (1): Basic brain sciences
Research keywords  (1): Neuropsychopharmacology
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2020 - 2023 Genomic analysis-based neuropharmacological study on basal ganglia-thalamocortical circuits for new drug discovery in schizophrenia
  • 2019 - 2022 リスク志向な意思決定の神経基盤:行動・神経回路操作・計算論的手法によるアプローチ
  • 2019 - 2021 モデルベース行動選択試験によるギャンブル障害モデル動物の情報処理システムの解明
  • 2019 - 2021 不確実な状況下における報酬動機づけメカニズムとオレキシン神経活動
  • 2017 - 2019 オレキシン神経特異的機能操作による動機づけ神経回路の解明と意志力検証技術の開発
Show all
Papers (96):
more...
MISC (92):
Books (2):
  • XIX-N. 麻薬 ニュースタンダード整形外科学
    南江堂 2007
  • カプサイシン感受性知覚神経の小腸傷害に対する保護効果-インドメタシン誘起小腸傷害を中心に-胃粘膜防御機構におけるカプサイシン感受性知覚神経の役割-カプサイシンは薬か毒か
    医薬ジャーナル 1999
Lectures and oral presentations  (95):
  • タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立.
    (日本薬学会第138年会 2018)
  • リスク下の意思決定における島皮質GABA神経の役割.
    (日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2017)
  • タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立.
    (次世代を担う創薬・医療管理シンポジウム 2017)
  • 島皮質GABA神経の機能操作は意思決定に影響する
    (次世代を担う創薬・医療管理シンポジウム 2017)
  • ナノボディおよびDARPinを利用したRFP-dependent Creの開発
    (第40回日本神経科学大会 2017)
more...
Works (1):
  • モノクロラミン誘起胃粘膜傷害に対するマレイン酸イルソグラジンの影響
    2000 -
Professional career (2):
  • 修士(薬学) (京都薬科大学)
  • 博士(医学) (名古屋大学)
Work history (8):
  • 2020/08/01 - 現在 Nagoya University Nagoya University Hospital Department of Hospital Pharmacy Associate professor
  • 2016/07/01 - 2020/07/31 Nagoya University Research Institute of Environmental Medicine Research Center for Next-Generation Drug Development Lecturer
  • 2015/04/01 - 2016/06/30 Nagoya University Research Institute of Environmental Medicine Research Center for Next-Generation Drug Development Assistant Professor
  • 2007/07/01 - 2015/03/31 Nagoya University Research Institute of Environmental Medicine Futuristic Environmental Simulation Center Assistant Professor
  • 2007/07/01 - Nagoya University Research Institute of Environmental Medicine
Show all
Association Membership(s) (7):
Society for Neuroscience ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page