Rchr
J-GLOBAL ID:200901020417656099   Update date: Jan. 05, 2021

Motokucho Suguru

モトクチョウ スグル | Motokucho Suguru
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Homepage URL  (1): https://nagasaki-polymer.jimdo.com/staff/
Research field  (7): Functional solid-state chemistry ,  Organic functional materials ,  Synthetic organic chemistry ,  Polymer materials ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry ,  Polymer chemistry
Research keywords  (6): Polymer chemistry ,  Recycle ,  cycloaddition reaction ,  polymer reaction ,  carbon dioxide ,  Polyurethane
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2021 Development of chemical recycling for polyurethane elastomer by using carbonic acid
  • 2020 - 2021 Development of environment friendly chemical recycling for polyurethane by using carbonic acid
  • 2018 - 2021 加水分解反応を起こす高分子を用いた抗酸化物質の放出制御
  • 2020 - 2020 炭酸を用いた高分子材料の分解によるケミカルリサイクル法の開拓
  • 2017 - 2020 新規多分岐ポリカーボネートを用いたリチウムイオン二次電池へ応用可能なSPEの創製
Show all
Papers (52):
MISC (17):
more...
Patents (10):
Books (3):
  • 生分解,バイオマスプラスチックの開発と応用
    技術情報協会 2020 ISBN:9784861047824
  • Element Technology of Green Chemistry for the Resources Recycling of Plastics
    2019 ISBN:9784781314440
  • Green chemistry for the resorce recycling of step wise polymerization plastics
    2019
Lectures and oral presentations  (312):
  • マルチブロック型ポリウレタンエラストマーの炭酸による加水分解挙動
    (第30回エラストマー討論会 2019)
  • ポリウレタンを用いたエポキシドの開環反応による環状カーボネートの合成
    (第30回エラストマー討論会 2019)
  • ポリウレタンエラストマーの炭酸による加水分解における一次構造の影響
    (第30 回エラストマー討論会 2019)
  • ポリウレタンを用いたCO2とエポキシドとの環付加反応
    (第8回高分子学会グリーンケミストリー研究会シンポジウム第22回プラスチックリサイクル化学研究会研究討論会 2019)
  • ポリウレタンエラストマーの高圧二酸化炭素を用いた加水分解反応挙動
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
more...
Works (7):
  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース糖化に関する研究
    2010 - 2011
  • 超臨界二酸化炭素を利用したデンプンの糖化に関する研究
    2010 - 2011
  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース糖化に関する研究
    2008 - 2009
  • 光可塑性架橋高分子の合成とその物性評価
    2008 - 2009
  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース糖化に関する研究
    2007 - 2009
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 Tokyo Institute of Technology
  • 1997 - 1999 University of Miyazaki
  • 1993 - 1997 University of Miyazaki
Professional career (3):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
  • 修士(工学) (宮崎大学)
  • 学士(工学) (宮崎大学)
Work history (5):
  • 2007 - 現在 Nagasaki University Graduate school of Engineering Assistant Professor
  • 2013/06 - 2014/03 Eindhoven University of Technology
  • 2012/08 - 2012/09 Bordeaux University
  • 2005/04 - 2007/03 Nagasaki University Faculty of Engineering, Department of Materials Science and Engineering
  • 2002/04 - 2005/03 Kindai University Molecular Engineering Institute Researcher
Committee career (4):
  • 2020/04 - 現在 高分子学会 グリーンケミストリー研究会 副委員長
  • 2018/04 - 現在 高分子学会 グリーンケミストリー研究会 運営委員
  • 2018/09 - 2018/09 公益社団法人 高分子学会 高分子討論会セッションオーガナイザー
  • 2015/04 - 2018/03 高分子学会 グリーンケミストリー研究会 企画委員
Awards (3):
  • 2015/05 - 一般社団法人日本ゴム協会 第62回優秀論文賞 亜臨界または超臨界二酸化炭素中でのポリウレアのメタノールを用いた分解反応
  • 2007/08 - Poster Award of The 1st Thailand-japan Rubber Symposium Effect of Curing Agent Ratio of Diol to Triol on Microaggregation Structure and Adhesion Properties of Segmented Polyurethane
  • 2007 - 第19回エラストマー討論会「優秀発表賞」
Association Membership(s) (4):
高分子学会 ,  有機合成化学協会 ,  セルロース学会 ,  (社)日本ゴム協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page