Rchr
J-GLOBAL ID:200901028917077924   Update date: Oct. 11, 2020

Takeda Tetsuro

タケダ テツロウ | Takeda Tetsuro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Special needs education
Research keywords  (7): 障害児心理学 ,  病弱教育 ,  二次障害予防 ,  心身症等 ,  提案・交渉型アプローチ ,  自己管理支援 ,  難病
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2018 - 2021 インクルーシブ教育システムの拡充とICT活用に関する研究
  • 2017 - 2020 発達障害のある子どもの不登校等二次障害に対応し予防する支援体制に関する実証的研究
  • 2015 - 2020 小児緩和ケアにおける医療と学校教育の連携システムの構築にむけた基礎研究
  • 2015 - 2018 A Study on ICT Use for Educational Exchange and Joint Learning in Special Education
  • 2014 - 2016 発達障害のある子どもの二次障害(不登校等)予防及び支援体制に関する実証的研究
Show all
Papers (47):
  • 永井祐也, 岡本光代, 永井絵莉子, 田中賀陽子, 小田真弓, 武田鉄郎. 小児がん啓発人形劇が教員養成課程所属学生の想起する復学支援に及ぼす効果. 育療. 2020. 67. 31-40
  • Development of the Curriculum for Students who have the Secondary Disabilities : Attempt to cultivate deep learning and self-esteem through relationships. 2020. 4. 4. 43-50
  • Guidance on "Therapeutic Educational Activities" focusing on Social and Emotional Learning in Special Classes of Elementary School. 2020. 4. 4. 105-112
  • Development Initiatives of school support system・External Cooperation System : As a basis of the role of The Counseling Coordinator for Three Attached School belonging to Wakayama University's Faculty of Education. 2020. 70. 135-142
  • Current Situation of Inclusive Education for Children with Disabilities in Vietnam and the role of special education centers : Focusing on a case study. 2020. 70. 77-82
more...
MISC (56):
Books (26):
  • アクティベート教育学 特別支援教育
    ミネルヴァ書房 2019
  • 標準「病弱児の教育」テキスト
    ジアース教育社 2019
  • 合理的ハンドブック-障害のある学生を支援する教職員のために-
    ジアース教育社 2019
  • よくわかる!大学における障害学生支援 : こんなときどうする?
    ジアース教育新社 2018 ISBN:9784863714694
  • 発達障害の子どもの「できる」を増やす提案・交渉型アプローチ-叱らないけど譲らない支援-
    学研 2017
more...
Professional career (1):
  • (BLANK) (Joetsu University of Education)
Association Membership(s) (7):
日本小児精神神経学会 ,  日本小児保健学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本特殊教育学会 ,  日本発達障害学会 ,  日本育療学会 ,  日本LD学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page