Rchr
J-GLOBAL ID:200901029332481696   Update date: Sep. 12, 2019

Ono Masayuki

オノ マサユキ | Ono Masayuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2015 - 2018 中国野菜産地における販売チャネル多層化の実態とチャネル間関係に関する実証的研究
  • 2012 - 2015 「農超対接」による新たな中国生鮮食品サプライチェーン形成の実態と意義に関する研究
  • 2009 - 農水産物における垂直的マーケティング・システム形成の態様に関する実証的研究
  • 2006 - 卸売市場制度「大転換」期における卸売企業の商業機能拡充の態様に関する実証的研究
Papers (29):
MISC (8):
  • ONO MASAYUKI. 卸売市場の"強み"を味方にできていますか?. 地上. 2018. 72. 2. 28-31
  • ONO MASAYUKI. 規制緩和は卸売市場をどう変えるのか. 農業と経済. 2017. 83. 11. 14-23
  • ONO MASAYUKI. 中国コメ産業の構造と変化. 農業市場研究. 2017. 25. 4. 75-76
  • ONO MASAYUKI. 農協による米マーケティング. 農業と経済. 2016. 82. 10. 21-29
  • ONO MASAYUKI. 米価下落の要因は何か. 農業と経済. 2015. 81. 8. 1
more...
Books (25):
  • 農産物・食品の市場と流通
    筑波書房 2019
  • グローバル資本主義と農業・農政の未来像
    昭和堂 2019
  • 卸売市場の現在と未来を考える-流通機能と公共性の観点から-
    筑波書房 2019
  • 現代の食料・農業・農村を考える
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:9784623082841
  • 農産物流通技術2017
    農産物流通技術研究会 2017 ISBN:9784990488185
more...
Lectures and oral presentations  (25):
  • 卸売市場の現在と未来を考える-流通機能と公共性の視点から-
    (2018年日本農業市場学会公開特別研究会 2018)
  • 中国におけるSNSを利用した生鮮農産物Eコマースの実態と課題-山東省青島市の有機農産物生産・販売企業B社を事例として-
    (第67回地域農林経済学会大会 2017)
  • 中国における土地流動化による大規模経営茶農の展開-河南省信陽市L氏を事例として-
    (第67回地域農林経済学会大会 2017)
  • 中国茶産地における消費者の茶消費行動の特徴-河南省信陽市でのアンケート調査結果から-
    (日本農業市場学会2017年度大会 2017)
  • 中国における農民専業合作社による消費地卸売市場での販売実態と意義-山東省莱西市ニンジン専業合作社を事例として-
    (日本農業市場学会2017年度大会 2017)
more...
Education (1):
  • - 1982 北海道大学 大学院農学研究科農業経済学専攻博士後期課程中退
Professional career (2):
  • 農学修士 (北海道大学)
  • 農学博士 (北海道大学)
Awards (1):
  • 2009/07 - 日本農業市場学会 日本農業市場学会賞 中国野菜企業の輸出戦略-残留農薬事件の衝撃と克服過程-
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page