Rchr
J-GLOBAL ID:200901030001865042   Update date: Sep. 01, 2020

Yashiro Tomonari

ヤシロ トモナリ | Yashiro Tomonari
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~yashiro
Research field  (2): Architectural and city planning ,  Civil engineering (environmental systems)
Research keywords  (4): 建設プロジェクトマネジメント ,  建築経済・生産 ,  Construction Project Management ,  Building Economics and Production
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 工学における世代間倫理に関する研究
  • 建築分野におけるインバースロジスティックスに関する研究
  • 分解可能型建築部品の試作
  • プロジュクトにおける技術融合に関する研究
  • 建設業のサービスプロバイダー化に関する研究
Show all
Papers (229):
MISC (116):
Patents (10):
Books (35):
  • 生活用IoTがわかる本 暮らしのモノをインターネットでつなぐイノベーションとその課題 (NextPublishing)
    インプレスR&D 2017 ISBN:484439763X
  • サステイナブル都市の輸出: 戦略と展望 (東大まちづくり大学院シリーズ)
    学芸出版社 2017 ISBN:4761532300
  • サステイナブル都市の輸出 : 戦略と展望
    学芸出版社 2017 ISBN:9784761532307
  • 建築実務テキスト 建築の快適性診断-環境・設備保全の基礎知識
    市ヶ谷出版社 2016 ISBN:9784870711297
  • イノベーション・マネジメント: プロセス・組織の構造化から考える
    東京大学出版会 2016 ISBN:4130421433
more...
Works (9):
  • ユニット住宅のLCA評価研究 」
    2003 -
  • 最新のIT技術を活用したエネルギー・インフォメーション・サービス・プロバイダー(EISP)ビジネスモデルの開発
    2003 -
  • Business Model Development for Energy Solution in Building
    2002 -
  • 環境性能の経済価値に関する研究
    2000 - 2001
  • 社会・文化的多様性を考慮した持続可能性配慮型建設システムの創出に関する研究
    2000 - 2001
more...
Education (4):
  • - 1985 The University of Tokyo
  • - 1985 The University of Tokyo
  • - 1980 The University of Tokyo
  • - 1980 The University of Tokyo
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (The University of Tokyo)
  • Master of Engineering (The University of Tokyo)
Work history (8):
  • 1998 - 1999 The University of Tokyo The Graduate School of Engineering
  • 1998 - 1999 Graduate School, University of Tokyo
  • 1999 - - 東京大学生産技術研究所
  • 1999 - - Institute of Industrial Science
  • 1991 - 1998 武蔵工業大学工学部建築学科
Show all
Committee career (1):
  • 2001 - 2002 日本建築学会 建築地球環境委員会サステナブルビルディング小委員会主査 英文論文集委員会幹事
Association Membership(s) (4):
都市住宅学会 ,  CIB ,  日本建築学会 ,  土木学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page