Rchr
J-GLOBAL ID:200901035902352305   Update date: Apr. 08, 2024

Kitajima Satoshi

キタジマ サトシ | Kitajima Satoshi
Affiliation and department:
Job title: Division Head
Research field  (1): Genomics
Research keywords  (28): newly developed food ,  発達神経毒性 (DNT) ,  エピジェネティクス ,  inhalation toxicology ,  sick building syndrome ,  トキシコゲノミクス ,  遺伝子発現変動解析 ,  情動認知毒性 ,  発生毒性 ,  分子毒性学 ,  中胚葉形成 ,  Mesp1 ,  心臓発生 ,  発生工学 ,  ジーンターゲッティング ,  食品添加物 ,  toxicogenomics ,  epigenetics ,  molecular toxicology ,  new food products ,  so-called cultured meat ,  Developmental neurotoxicity (DNT) ,  heart ,  Mesp2 ,  Mesp1 ,  Gene targeting ,  Mesoderm formation ,  Gene
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2023 - 2026 発達神経毒性の迅速化・高精度・省動物に資する新規評価手法開発のための研究
  • 2022 - 2025 フードテックを応用した細胞培養食品の先駆的な調査検討による食品衛生上のハザードや リスクに係る研究 -リスクプロファイルの作成とモデル細胞実験系による検証・還元-
  • 2020 - 2023 ガス状優先評価化学物質の長期毒性評価の迅速化・高度化に資する短期小規模吸入曝露評価系の開発
  • 2017 - 2020 シックハウス(室内空気汚染)対策に関する研究-「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」が新たに指摘した室内汚染化学物質の、ヒトばく露濃度におけるハザード評価研究-
  • 2014 - 2017 化学物質の経気道暴露による毒性評価の迅速化、定量化、高精度化に関する研究-シックハウス症候群を考慮した不定愁訴の分子実態の把握と情動認知行動影響を包含する新評価体系の確立-
Show all
Papers (71):
  • Hidenobu Miyaso, Satoshi Yokota, Kousuke Suga, Yui Hashimoto, Céline Kouno, Kenta Nagahori, Masahiro Itoh, Satoshi Kitajima. Histological differences between the central and peripheral areas of the testes of busulfan-administered mice. The Journal of Toxicological Sciences. 2024. 49. 4. 139-149
  • Ryuichi Ono, Makiko Kuwagata, Mie Naruse, Akihito Watanabe, Masao Takano, Takuro Hasegawa, Hiromasa Takashima, Yusuke Yoshioka, Takahiro Ochiya, Yoko Hirabayashi, et al. Extracellular vesicle small RNAs secreted from mouse amniotic fluid induced by repeated oral administration of VPA to pregnant mice. Fundamental Toxicological Sciences. 2024. 11. 1. 37-56
  • Takeshi Hase, Samik Ghosh, Ken-ichi Aisaki, Satoshi Kitajima, Jun Kanno, Hiroaki Kitano, Ayako Yachie. DTox: A deep neural network-based in visio lens for large scale toxicogenomics data. The Journal of Toxicological Sciences. 2024. 49. 3. 105-115
  • Yu Takahashi, Ryota Wakabayashi, Satoshi Kitajima, Hideho Uchiyama. Epichordal vertebral column formation in Xenopus laevis. Journal of Morphology. 2023. 285. 2
  • Satoshi Yokota, Tomohiko Wakayama, Hidenobu Miyaso, Kousuke Suga, Masakatsu Fujinoki, Satoru Kaneko, Satoshi Kitajima. Reactive Blue 2 Labels Protamine in Late-Haploid Spermatids and Spermatozoa and Can Be Used for Toxicity Evaluation. Andrologia. 2023. 2023. 1-12
more...
MISC (82):
  • Toshime Igarashi, Mari Matsumura, Izumi Ogawa, Chiori Yakawa, Takahiko Hayakawa, Miyoko Ochi, Hirokatsu Saito, Makiko Kuwagata, Satoshi Kitajima. Comparative study of regulatory systems in other countries to ensure the safety of “new foods”. Journal of Toxicological Sciences. 2022. 47. Supplement. P-125
  • Toshime Igarashi, Sakiko Fujii, Mariko Tsurumoto, Yuji Taquahashi, Satoshi Kitajima, Makiko Kuwagata. Uterotrophic bioassay of 4,4'-(1,3-dimethylbutylidene) diphenol, a bisphenol analog, using ovariectomized mice by subcutaneous and oral administration. Journal of Toxicological Sciences. 2022. 47. Supplement. P-246
  • 高橋祐次, 齊藤洋克, 桑形麻樹子, 北嶋聡. 日本毒性学会との連携(第12回)基礎から臨床へのトランスレーショナルトキシコロジー 吸入剤による中毒の基礎と臨床(3)加圧式定量噴霧式吸入器(pMDI)製剤のげっ歯類を対象とした鼻部ばく露装置の開発. 中毒研究. 2022. 35. 3
  • Toshime Igarashi, Yukuto Yasuhiko, Ryuichi Ono, Erika Tachihara, Miki Uchiyama, Atsuya Takagi, Yu Takahashi, Makiko Kuwagata, Satoshi Kitajima. Germline-transmission in the knock-in mice of N0 generation with diverse and unintended on-target mutations induced by CRISPR/Cas9-mediated genome editing. 2021. 46. Supplement. P-91
  • 北嶋聡, 齊藤洋克, 森田紘一, 菅康佑, 酒井信夫, 大嶋直浩. ガス状優先評価化学物質の長期毒性評価の迅速化・高度化に資する短期小規模吸入曝露評価系の開発「吸入曝露実験の実施」. ガス状優先評価化学物質の長期毒性評価の迅速化・高度化に資する短期小規模吸入曝露評価系の開発 令和2年度 総括・分担研究報告書(Web). 2021
more...
Books (25):
  • 化学物質を発生-発達期に曝露した際の情動認知行動影響検出
    化学物質と環境 : 化学物質と環境との調和をめざす情報誌, 2024; 184: 3-6 2024
  • 遺伝子発現を指標とした毒性評価・予測
    「化学物質の複合影響と健康リスク評価」, 2024; 第2章 複合曝露による毒性の評価手法 第1節, 医歯薬出版(東京) 2024
  • 細胞培養食品に係る開発や諸外国の衛生規制に関する最近の動向
    月刊「食品衛生研究」, 2023; 通巻885号(73巻12号),公益社団法人日本食品衛生協会 2023
  • バイタルサインをモニタリングするための最先端技術の基礎と臨床;バイタルサインの統合的評価による急性毒性試験の致死性予測
    中毒研究Jpn. J. Clin.Toxicol. 2023;36(1):73-77 2023
  • 加圧式定量噴霧式吸入器(pMDI)製剤のげっ歯類を対象とした鼻部ばく露装置の開発
    中毒研究Jpn. J. Clin.Toxicol. 2022;35(3):255-259 2022
more...
Education (5):
  • 1994 - 東京大学大学院 農学系研究科 獣医学専攻 博士課程 修了
  • 1990 - The University of Tokyo
  • 1986 - 東京大学農学部獣医学科 進学
  • 1984 - 東京大学理科II類 入学
  • 1983 - 金沢大学教育学部附属高等学校 卒業
Professional career (1):
  • DVM, PhD (The University of Tokyo)
Work history (8):
  • 2023/04 - 現在 岐阜大学大学院 共同獣医学研究科 客員教授(兼任)
  • 2018/08 - 現在 National Institute of Health Sciences, Division of Cellular & Molecular Toxicology, Center for Biological Safety & Research, Division Head
  • 2015/05 - 現在 東京大学 農学部 非常勤講師(兼任)
  • 2018/09 - 2023/03 岐阜大学大学院 連合獣医学研究科 客員教授(兼任)
  • 2006/10 - 2018/07 国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 毒性部 室長
Show all
Committee career (27):
  • 2023/09 - 現在 日本獣医学会 評議委員
  • 2022/09 - 現在 日本薬理学会 代議員
  • 2022/07 - 現在 日本中毒学会 評議員
  • 2022/05 - 現在 日本毒性学会 医薬品毒性機序研究部会 部会長
  • 2022/05 - 現在 東京都 食品安全情報評価委員会 委員
Show all
Awards (4):
  • 2015/06 - 日本化学工業協会 日化協LRI賞
  • 2013/06 - 日本毒性学会 田邊賞
  • 2011/07 - The Japanese Society of Toxicology Pfizer Highly Cited Paper Award
  • 2003/07 - 日本トキシコロジ-学会・田邊賞
Association Membership(s) (11):
日本中毒学会 ,  THE JAPANESE CANCER ASSOCIATION ,  日本免疫毒性学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本獣医学会 ,  日本薬理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本毒性学会 (2012年日本トキシコロジー学会から改名) ,  日本薬学会 ,  日本食品衛生学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page