Rchr
J-GLOBAL ID:200901040284286251   Update date: Sep. 01, 2020

Asoh Hidetaka

アソウ ヒデタカ | Asoh Hidetaka
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Structural and functional materials ,  Inorganic materials ,  Material fabrication and microstructure control
Research keywords  (6): 機能材料 ,  ナノ・マイクロ加工 ,  表面処理 ,  Functional materials ,  Nano-/micro-fabrication ,  Surface treatment
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2019 - 2022 炭/酸化混合チタン膜によるチタン合金の高機能化と表面ナノ構造の創製
  • 2017 - 2020 化合物半導体の湿式エッチングに関する体系的理解と応用
  • 2016 - 2019 Preparation and structure control of nano dot DLC film by combination of dry and wet film formation process
  • 2014 - 2017 Nanofabrication of semiconductors based on Voronoi tessellation in two-dimensional space
  • 2013 - 2016 Novel processing of functional semiconductor surfaces in meso-macro scale by utilizing self-organized structures
Show all
Papers (121):
MISC (38):
more...
Patents (15):
Books (5):
  • Noble Metals(全416ページ)
    InTech, 分担執筆(Y. Su編) 2012
  • Handbook of nanophysics: Chapter 28, "Nanohole arrays on silicon"
    Taylor & Francis Books, Inc 分担執筆(K. Sattler編) 2010
  • Electrocrystallization in Nanotechnology: Chapter 7, "Fabrication of ordered anodic nanoporous alumina layers and their application to nanotechnology"
    Wiley-Vch,分担執筆(G. Staikov編) 2007 ISBN:9783527315154
  • 図解 最先端表面処理技術のすべて(関東学院大学表面工学研究所編): チタン,スズ,亜鉛およびニオブのアノード酸化によるナノポーラス酸化膜の作製
    工業調査会 2006
  • 図解 最先端表面処理技術のすべて(関東学院大学表面工学研究所編): 微粒子の自己組織化を用いたナノ・マイクロパターニング
    工業調査会 2006
Lectures and oral presentations  (687):
  • InP上に生成したアノード酸化ポーラス皮膜の構造に及ぼすエチレングリコール添加の影響
    (表面技術協会第129回講演大会 2014)
  • マグネシウムアノード酸化皮膜の構造および耐食性に対する電解液濃度の影響
    (表面技術協会第129回講演大会 2014)
  • アルミニウム合金上のアノード酸化皮膜への水酸化リチウムを用いた封孔処理
    (表面技術協会第129回講演大会 2014)
  • 電解エッチングによるGaAsナノワイヤの作製
    (第61回応用物理学会春季学術講演会 2014)
  • 金属触媒を用いたInPのフォトエッチング
    (電気化学会第81回大会 2014)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京都立大学)
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Kogakuin University School of Advanced Engineering, Department of Applied Chemistry
  • 2017/04 - 現在 Kogakuin University Graduate School, Applied Chemistry and Chemical Engineering Program
  • 2013/04 - 現在 Kogakuin University Graduate School, Applied Chemistry and Chemical Engineering Program
Committee career (12):
  • 2013/04 - 2015/03 軽金属学会 関東支部運営委員会委員
  • 2013/04 - 2015/03 軽金属学会 大会運営委員
  • 2013/04 - 2015/03 軽金属学会 企画委員会委員
  • 2011/04 - 2013/03 軽金属学会 関東支部運営委員会幹事
  • 2011/02 - 2013/03 電気化学会 関東支部幹事
Show all
Awards (7):
  • 2012 - 日本金属学会 第62回金属組織写真賞最優秀賞 走査型電子顕微鏡部門最優秀賞: 異方性エッチングを利用した高アスペクト比ポーラスGaAs及びプリズムアレーの創製(小鷹俊介,阿相英孝,小野幸子)
  • 2012 - 日本金属学会 第62回金属組織写真賞奨励賞 走査型電子顕微鏡部門奨励賞: 「ナチュラルリソグラフィーにより作製したInPの自己組織化ナノポーラス構造」(岩田惇,阿相英孝,小野幸子)
  • 2012 - Second Place(2012 International Metallographic Contest Class 4:Electron Microscopy Scanning (小鷹俊介,阿相英孝,小野幸子)
  • 2009 - 平成21年度電気化学会進歩賞・佐野賞
  • 2008 - 第1回無機マテリアル学会講演奨励賞・最優秀賞(無機マテリアル学会第117回学術講演会)
Show all
Association Membership(s) (4):
金属のアノード酸化皮膜の機能化部会 ,  表面技術協会 ,  軽金属学会 ,  電気化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page