Rchr
J-GLOBAL ID:200901040851755209   Update date: Nov. 06, 2020

Kanamori Kazuyoshi

カナモリ カズヨシ | Kanamori Kazuyoshi
Affiliation and department:
Research field  (1): Inorganic materials
Research keywords  (14): 高分子ゲル ,  エアロゲル ,  有機-無機ハイブリッド ,  リビングラジカル重合 ,  相分離 ,  多孔性物質 ,  ゾル-ゲル法 ,  polymer gels ,  aerogels ,  organic-inorganic hybrid ,  living radical polymerization ,  phase separation ,  porous materials ,  sol-gel method
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2008 - 2010 リビング重合による架橋高分子ゲル多孔構造の精密制御
  • 2008 - 2010 Fine Control of Porous Structures in Cross-Linked Polymer Networks Prepared by Living Polymerization
Papers (164):
MISC (24):
Patents (18):
  • 無機系および有機無機ハイブリッドコーティングの製造方法
  • 多孔質体
  • シリカエアロゲルの製造方法
  • アルキルシロキサンエアロゲルの製造方法、並びに、アルキルシロキサンエアロゲル、その製造装置およびそれを含むパネルの製造方法
  • 有機系多孔質体の製造方法および有機系多孔質カラムならびに有機系多孔質体
more...
Books (3):
  • ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向
    シーエムシー出版 2017
  • ナノ材料解析の実際
    講談社 2016
  • 遮熱・断熱材料の設計、性能評価と応用
    技術情報協会 2015
Lectures and oral presentations  (14):
  • ポリシロキサン系におけるネットワーク構造設計:低密度多孔体作製のための指針
    (第57回セラミックス基礎科学討論会 2019)
  • ポリ有機シロキサン系におけるエアロゲルの合成・構造解析・機械的物性
    (先鋭固体化学・物理に関する討論会(第2回) 2018)
  • 有機ポリシロキサン系エアロゲル:ネットワークの設計指針と柔軟性の発現
    (第22回ケイ素化学協会シンポジウム 2018)
  • 力学強度が飛躍的に向上 有機-無機ハイブリッドによるエアロゲル創製と特性・応用展望
    (サイエンス&テクノロジーセミナー「エアロゲルのブレークスルーと エアロゲル粒子の産業展開」 2018)
  • 有機アルコキシシランを用いた柔軟エアロゲルの作製と応用
    (日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム 2018)
more...
Education (4):
  • - 2005 Kyoto University
  • - 2005 Kyoto University
  • - 2000 Kyoto University School of Industrial Chemistry
  • - 2000 Kyoto University
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (Kyoto University)
Work history (7):
  • 2005 - 2007 Postdoctoral Research Fellow of JSPS
  • - 2007 2005年4/1-2007年1/31 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2007 - 年4/1-(現在) 京都大学大学院理学研究科化学専攻助教
  • 2007 - 年2/1-同年3/31 京都大学大学院理学研究科化学専攻助手
  • 2007 - - Assistant Professor in Department of Chemistry, Graduate School of Science, Kyoto University
Show all
Association Membership(s) (2):
日本セラミックス協会 ,  The Ceramic Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page