Rchr
J-GLOBAL ID:200901052732534197   Update date: Mar. 11, 2021

Toyokuni Shinya

Toyokuni Shinya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.med.nagoya-u.ac.jp/patho1/
Research field  (1): Experimental pathology
Research keywords  (8): mutation ,  DNA damage ,  mesothelioma ,  carbon nanotube ,  asbestos ,  oxidative stress ,  iron ,  Carcinogenesis
Research theme for competitive and other funds  (31):
  • 2016 - 2022 先端モデル動物支援プラットフォーム
  • 2017 - 2020 鉄ダイナミクスと多層オミクス解析による酸化ストレス発がん克服のための基盤形成
  • 2012 - 2017 新領域「プラズマ医療科学創成」
  • 2010 - 2016 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
  • 2012 - 2015 中皮細胞の発がん機構解析による予防基盤の形成
Show all
Papers (276):
more...
MISC (255):
more...
Patents (5):
  • 酸化ストレス傷害を受けたDNA断片の収集法
  • 抗血清およびその製造方法
  • 抗血清およびその製造方法
  • ポリクローナル抗体および製造方法
  • 4-ヒドロキシ-2-ノネナール修飾蛋白質に対するモノクローナル抗体とその製造法及びこれを生産するハイブリッド細胞並びに4-ヒドロキシ-2-ノネナール定量用免疫測定キット
Books (4):
  • 酸化ストレスの医学 改訂第2版
    診断と治療社 2014
  • ロビンス基礎病理学 原書9版
    エルゼビア・ジャパン(丸善出版) 2014
  • ロビンス基礎病理学 原書8版
    丸善出版 2011
  • 酸化ストレスの医学
    診断と医療社 2008
Lectures and oral presentations  (1):
  • 宿題報告3:酸化ストレス病理学の確立とその疾患予防への展望
    (第104回日本病理学会総会 2015)
Works (1):
  • 第3回病理学会中部支部「夏の学校」を主催
    2009 -
Professional career (1):
  • 医学博士 (京都大学)
Work history (15):
  • 2010/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Medicine Editor-in-chief, Nagoya Journal of Medical Science
  • 2010/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Medicine Internal Review Board, member
  • 2008/07/01 - 現在 Nagoya University Program in Function Construction Medicine Professor
  • 2008/07/01 - Professor, Department of Pathology and Biological Responses, Graduate School of Medicine, Nagoya University
  • 2008/07/01 - Professor, Department of Pathology and Biological Responses, Graduate School of Medicine, Nagoya University
Show all
Committee career (2):
  • 2012/04/01 - 現在 学部教育委員会 委員
  • 2012/04/01 - 現在 編入学制度運用委員会 委員
Association Membership(s) (16):
日本生化学会 ,  日本セルデス学会 ,  The New York Academy of Sciences ,  日本分子生物学会 ,  International Academy of Pathology ,  American Association for the Advancement of Science ,  American Association for Investigative Pathology ,  American Association for Cancer Research ,  日本医学教育学会 ,  Society for Free Radical Research Asia ,  日本微量元素学会 ,  日本がん予防学会 ,  Japan BioIron Society ,  The Japanese Society of Pathology ,  Japan Cancer Association ,  Society for Free Radical Research Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page