Rchr
J-GLOBAL ID:200901057241816125   Update date: Aug. 31, 2020

Ono Sachiko

オノ サチコ | Ono Sachiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwb1027http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwb1027
Research field  (3): Electronic devices and equipment ,  Nanobioscience ,  Nanomaterials
Research keywords  (10): バイオ材料 ,  ナノ材料・物性 ,  無機材料 ,  電気化学 ,  表面化学 ,  Biomaterials ,  Nanomaterials/Physical property ,  Inorganic materials ,  Electrochemistry ,  Surface Chemistry
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2004 - 生体親和材料としての水酸アパタイトコーティング
  • アノード酸化アルミナ皮膜の電子デバイス応用
  • アノード酸化アルミナ誘電体皮膜のナノ構造制御
  • スルーホール用銅のダイレクトプレーティングのメカニズム
  • バルブ金属表面の化学と酸化皮膜成長機構
Show all
MISC (412):
Patents (20):
  • 不透明白色被膜を形成するアルミニウムの陽極酸化処理法
  • US-5089092 Porous aluminum oxide film and method of forming of the same
  • US-5087330 Porous aluminum oxide film and method of forming of the same
  • 両表面微細孔型アルミナ多孔質膜及びその製造方法
  • 真空装置及びその部品に使用されるアルミニウム又はアルミニウム合金の表面処理方法、真空装置及びその部品
more...
Books (27):
  • 電気化学便覧 第6版
    丸善出版 2013
  • Noble Metals
    InTech 2012
  • マグネシウム合金の先端的基盤技術とその応用展開
    シーエムシー出版 2012
  • Noble Metals
    InTech 2012
  • Handbook of nanophysics
    Taylor & Francis Books, Inc. 2010
more...
Lectures and oral presentations  (845):
  • InP上に生成したアノード酸化ポーラス皮膜の構造に及ぼすエチレングリコール添加の影響
    (表面技術協会第129回講演大会 2014)
  • マグネシウムアノード酸化皮膜の構造および耐食性に対する電解液濃度の影響
    (表面技術協会第129回講演大会 2014)
  • アルミニウム合金上のアノード酸化皮膜への水酸化リチウムを用いた封孔処理
    (表面技術協会第129回講演大会 2014)
  • 電解エッチングによるGaAsナノワイヤの作製
    (第61回応用物理学会春季学術講演会 2014)
  • 金属触媒を用いたInPのフォトエッチング
    (電気化学会第81回大会 2014)
more...
Works (8):
  • アノード酸化ポーラスアルミナ皮膜のナノ構造制御
    2001 -
  • Nano-structure controle of porous anodic alumina films
    2001 -
  • アルミニウム表面への微量元素の濃度
    1999 -
  • Enrichment of trace elements on aluminum surface.
    1999 -
  • マグネシウムの表面酸化現象に関する研究
    1993 - 1996
more...
Education (2):
  • Tokyo Metropolitan University Department of Chemistry
  • Tokyo Metropolitan University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京大学)
Work history (10):
  • 2002 - 現在 Kogakuin University
  • 2001 - 2004 中央大学工学部応用化学科兼任講師
  • 2001 - 2002 Kogakuin University
  • 2000 - 2001 Chiba Institute of Technology
  • 1997 - 2000 Kogakuin University
Show all
Committee career (54):
  • 2012/01 - 2016/01 表面技術協会 金属のアノード酸化皮膜の機能化専門部会 監事
  • 2013/05 - 2015/05 軽金属学会 関東支部運営委員会監事
  • 2013/02 - 2015/02 表面技術協会 監事
  • 2009/05 - 2014/06 無機マテリアル学会 理事
  • 2012/04 - 2014/04 日本化学会 関東支部幹事
Show all
Awards (14):
  • 2013 - 工学院大学大学表彰(創立126周年記念表彰)
  • 2012 - 第62回日本金属学会金属組織写真賞最優秀賞/ 走査型電子顕微鏡部門最優秀賞
  • 2012 - 第62回日本金属学会金属組織写真賞/ 走査型電子顕微鏡部門奨励賞
  • 2012 - 軽金属学会平成24年度「第10回軽金属功績賞」
  • 2012 - 無機マテリアル学会平成24年度「学術賞」
Show all
Association Membership(s) (12):
表面技術協会 ,  日本化学会 ,  電気化学会 ,  日本表面科学会 ,  軽金属学会 ,  応用物理学会 ,  The International Society of Electrochemistry ,  日本化学連合 ,  日本金属学会 ,  無機マテリアル学会 ,  腐食防食学会 ,  The International Society of Electrochemistry
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page