Rchr
J-GLOBAL ID:200901060058057216   Update date: Apr. 15, 2021

Yamamoto Naoyuki

ヤマモト ナオユキ | Yamamoto Naoyuki
Affiliation and department:
Job title: Director
Research field  (2): Animal production science ,  Animal production science
Research keywords  (3): 家畜 ,  遺伝 ,  飼養管理
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2017 - 2019 水田里山の畜産利用による中山間高収益営農モデルの開発
  • 2016 - 2017 和牛産地を支える水田里山の戦略的展開
  • 2010 - 2012 複合型生物資源モニタリングを活用した広域連携周年放牧技術の開発と実証
  • 2008 - 2012 ウシのストレス感受性および社会的親和性に関連する遺伝子の特定
  • 2006 - 2009 環境に配慮した小規模移動放牧における繁殖和牛の飼養管理技術
Show all
Papers (17):
MISC (9):
  • 柴田昌宏, 帶刀一美, 坂本真実, 西政敏, 安部聖, 宋相憲, 山根尚, 寺井恵子, 松本和典, 一戸俊義, et al. 耕作放棄地を活用した周年放牧肥育による黒毛和種去勢牛の肥育・枝肉成績. 肉用牛研究会報. 2018. 104. 38-39
  • 柴田昌宏, 曳野泰子, 今成麻衣, 松本和典, 室谷進, 中島郁世, 山本直幸. 黒毛和種去勢牛の放牧ならびに飼料イネWCS給与が肥育・枝肉成績,肉質に及ぼす影響. 日本畜産学会大会講演要旨. 2015. 119th. 140
  • 柴田昌宏, 松本和典, 曳野泰子, 室谷進, 中島郁世, 大谷一郎, 山本直幸. 肥育全期間の飼料用イネWCS給与が黒毛和種去勢牛の生産性ならびに筋肉内遺伝子発現に及ぼす影響. 日本畜産学会大会講演要旨. 2014. 118th. 209
  • 柴田昌宏, 松本和典, 曳野泰子, 室谷進, 大江美香, 大谷一郎, 山本直幸. 飼料イネWCS給与が黒毛和種去勢牛の肥育成績,筋肉内遺伝子発現に及ぼす影響. 日本畜産学会大会講演要旨. 2013. 117th. 87
  • 柴田昌宏, 松本和典, 曳野泰子, 室谷進, 大江美香, 中島郁世, 千国幸一, 大谷一郎, 山本直幸. 放牧及び飼料イネWCS給与が黒毛和種去勢牛の肥育成績,筋肉内遺伝子発現に及ぼす影響. 日本畜産学会大会講演要旨. 2013. 116th. 109
more...
Books (2):
  • 広域連携周年放牧を支援する技術・成果
    2014
  • よくわかる移動放牧Q&A
    2011
Education (1):
  • 1988 - 1992 名古屋大学大学院
Professional career (1):
  • PhD (Nagoya Univ.)
Work history (9):
  • 2021/04 - 農研機構北海道農業研究センター 研究推進部
  • 2019/04 - 2021/03 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2016/04 - 2019/03 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2015/04 - 2016/03 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2011/04 - 2015/03 National Agriculture and Food Research Organization
Show all
Committee career (7):
  • 2015 - 2020/03 肉用牛研究会 副会長
  • 2015 - 2019/03 大田市内官公署長連絡協議会 会員
  • 2015 - 2019/03 島根県農林水産技術会議畜産分科会 外部助言者
  • 2015 - 2019/03 岡山県農林水産総合センター畜産研究所 外部評価委員会委員
  • 2015 - 2019/03 兵庫県立農林水産技術総合センター 外部評価専門委員会委員
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page