Rchr
J-GLOBAL ID:200901065823117780   Update date: Aug. 29, 2020

Nishigaki Koichi

ニシガキ コウイチ | Nishigaki Koichi
Homepage URL  (1): http://gp.fms.saitama-u.ac.jp
Research field  (10): Medical biochemistry ,  Biophysics ,  Biodiversity and systematics ,  Electronic devices and equipment ,  Molecular biochemistry ,  Nano/micro-systems ,  Nanomaterials ,  Nanobioscience ,  Nanomaterials ,  Biological, health, and medical informatics
Research keywords  (19): 変異 ,  生物多様性 ,  創薬 ,  ナノテク ,  システム論 ,  情報理論 ,  DNA ,  タンパク質 ,  進化 ,  ゲノム ,  biodiversity ,  drug discovery ,  nanotech ,  systems ,  information theory ,  DNA ,  protein ,  evolution ,  genome
Research theme for competitive and other funds  (22):
  • 2009 - 2012 マイクロバイオーム解析
  • 2009 - 2012 新型マイクロアレイ
  • 2009 - 2012 Microbiome analysis
  • 2009 - 2012 Novel-concept microarray
  • 2008 - 2012 ゲノム多様性
Show all
MISC (88):
Patents (10):
  • 遺伝子型による生物の同定方法
  • ゲル構造物の製造方法及びこの方法で製造されたゲル構造物
  • カテプシンE特異的阻害剤 /ペプチド
  • 「多重並列微小容器(MMV)を用いた微量試料の操作方式(NLPP)と用途の発明」
  • 被検体生物の同定方法、この方法に使用する内部標準用DNA組成物及びその製造方法
more...
Books (12):
  • 猪飼篤他(編)、西垣功一(分担執筆) タンパク質の事典
    朝倉書房 2008
  • 西垣功一 情報創生過程としての進化・進化分子工学 機能材料工学総論テキスト
    2008
  • 猪飼篤他(編)、西垣功一(分担執筆) タンパク質の事典
    朝倉書房 2008
  • 西垣功一 情報創生過程としての進化・進化分子工学 機能材料工学総論テキスト
    2008
  • 大島泰郎他(編)、西垣功一(分担執筆) 生化学辞典 第4版
    東京化学同人 2007
more...
Lectures and oral presentations  (132):
  • タンパク質に超高度親和性を有するペプチドの解離定数測定 Measurement of the dissociation constant of peptides with a ultra-high affinity to a protein
    (第32回MBSJ日本分子生物学会年会 プログラム 2009)
  • 異なる淘汰条件で再帰的に選択(スクリーニング)されたAβ結合ペプチドに関する親和性の研究 Study on the affinity of Aβ-binding peptide selected from recursively two different selection conditions ○上野-辻 幸香1, 北村 幸一郎2, 井口 翔1, モハメド サリムラ3, 西垣 功一1 (1埼大院・理工研, 2ジェナシス(株), 3理研・オミックス基盤研究領域)
    (第32回MBSJ日本分子生物学会年会 プログラム 2009)
  • カテプシンE特異的結合ペプチドの診断薬応用 Application of cathepsin-E specific binding peptides for a diagnostic reagent kit.
    (第32回MBSJ日本分子生物学会年会 プログラム 2009)
  • 高速分子進化「発達ライブラリー法」による中性条件下カテプシンE活性化ペプチドの淘汰 Selection of cathepsin E-activating peptides at a neutral pH using a progressive library method
    (第32回MBSJ日本分子生物学会年会 プログラム 2009)
  • ペプチドペア法によるカテプシンE活性化機能の効率的向上 Paired peptide method effective for advancing cathepsin E-activating activities of peptides.
    (第32回MBSJ日本分子生物学会年会 プログラム 2009)
more...
Education (6):
  • - 1976 The University of Tokyo
  • - 1976 Univ. of Tokyo
  • - 1974 The University of Tokyo
  • - 1974 Univ. of Tokyo
  • - 1972 The University of Tokyo
Show all
Professional career (2):
  • Master of Science (Univ. of Tokyo)
  • Doctor of Science (Univ. of Tokyo)
Work history (5):
  • 1986/04 - 2004/03 , 埼玉大学工学部助教授 生物物理学
  • 1986/04 - 2004/03 ,Associated Prof., Saitama University Biophysics
  • 1976/07 - 1986/03 , 埼玉大学工学部助手 環境化学基礎実験
  • 1976/07 - 1986/03 ,Assistant Prof., Saitama University Basic Experiments on Environmental Chemistry
  • Saitama University Professor
Association Membership(s) (18):
日本バイオインフォマティクス学会 ,  AAAS ,  日本コンピュータ化学会 ,  形の科学会 ,  日本微生物生態学会 ,  日本化学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生物物理学会 ,  Japanese Society for Bioinformatics ,  The American Association for the Advancement of Science ,  Society of Computer Chemistry, Japan ,  The Society for Science On Form ,  The Japanese Society of Microbial Ecology ,  The Chemical Society of Japan ,  The Japanese Biochemical Society ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  The Biophysical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page