Rchr
J-GLOBAL ID:200901068931347170   Update date: May. 12, 2021

Harano Tomoki

ハラノ トモキ | Harano Tomoki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://www.anan-nct.ac.jp/education/researchers/
Research field  (3): Educational technology ,  Machine elements and tribology ,  Design engineering
Research keywords  (5): 動力伝達 ,  非接触 ,  電気機器 ,  機械要素 ,  トライボロジ
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2007 - 2010 ものづくりエリート技術者養成コーオプ教育プロジェクト
  • 2005 - 2007 The Effective Improvement Method of Engineering Education Focused on Student Motivation by Questionnaire Survey Motivation, Engineering Education, Problem Based Learning, Lessons, Questionnaire Survey
  • 2005 - 2007 学生のモチベーションを向上させる効果的授業改善システムの研究開発
  • 2004 - A Study on Low friction and Wear sliding -Rolling Machine Elements with Magnetic Repulsion
  • 2004 - 摩耗ゼロ・高効率を有する磁気歯車の高トルク化と各種伝動装置への応用
Papers (2):
  • 永尾佳弥, 鎌田 隼, 徐 微微, 香西貴典, 藤原健志, 安田武司, 釜野 勝, 原野智哉, 小西智也. 銅(?)イオン・スズ(?)イオン添加ガラスの熱処理温度による発光特性への影響. LED総合フォーラム 2018 論文集,p-35. 2018. 181-182
  • 原野智哉, 多田博夫, 武知英夫, 大北裕司, 川畑成之, 柳坂信孝, 高岸時夫, 森時秀司, 木原義 文, 西本浩司, et al. ペーパークラフトによる機械製作創造実習 (PBL) の教育効果. 高専教育. 2006. 29. 100-106
MISC (76):
  • 原野智哉, 高島雄太, 田中淑晴, 柳沢修実, 綿崎将大. 軸方向磁場による磁気歯車の動力伝達性能. 日本設計工学会 四国支部 2020年度研究発表講演会 講演論文集. 2021. 5-6
  • 片山徹哉, 田中淑晴, 原野智哉, 小谷明, 柳沢修実, 綿崎将大. Consideration on the Size of Intermediate Magnetic in Linear Magnetic Gear. 日本設計工学会東海支部研究発表講演会講演論文集(CD-ROM). 2021. 2020
  • 原野智哉, 高島雄太, 山田祐輝, 田中淑晴, 柳沢修実, 綿崎将大. 磁気回路オープン型磁気リニアの動力伝達および渦電流損失に及ぼす中間磁性媒体形状の影響. 令和元年度日本設計工学会四国支部研究発表講演会講演論文集. 2020. 38-39
  • 山本悠梨恵, 柳沢修実, 綿崎将大, 原野智哉, 田中淑晴. Electrical response for magnetic field in multiferroic 0.7BaTiO3-0.3(Sr0.5,Gd0.5)CoO3-δ and 0.7BaTiO3-0.3(La0.5,Sr0.5)CoO3-δcore shell. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2020. 67th
  • 原野 智哉, 古川 謙, 山田 祐輝, 田中 淑晴, 小谷 明, 柳沢 修実, 綿崎将大. 磁石を用いた磁気リニアと磁気ギアの動力伝達特性の相関に関する一考察. 設計工学会平成30年度四国支部研究発表講演会 概要集. 2019
more...
Patents (6):
Books (1):
  • 機械要素設計
    日本理工出版会 2011 ISBN:4890196269
Works (2):
  • JSTシーズ発掘試験「摩耗ゼロ・高効率を有する磁気斥力歯車の開発と各種伝導装置への応用」
    2007 - 2008
  • 文部科学省科学研究費助成金 萌芽研究 「学生のモチベーションを向上する授業改善システムの研究開発」
    2005 - 2007
Education (3):
  • 1996 - 1998 Okayama University
  • - 1998 Okayama University Material and Production Engineering
  • 1990 - 1992 岡山大学 大学院 工学研究科
Professional career (1):
  • Ph. D in Engineer (Okayama University)
Work history (11):
  • 2015/04 - 現在 Anan National College of Technology
  • 2003/04 - 2015/03 Anan National College of Technology Department of Mechanical Engineering
  • 2000/04 - 2003/03 Anan National College of Technology Department of Mechanical Engineering
  • 1998/10 - 2000/03 Okayama University The Graduate School of Natural Science and Technology
  • 1992/04 - 1996/03 ヤマハ発動機 特機事業部 設計Gr 社員
Show all
Committee career (3):
  • 2019/03 - 現在 日本機械学会 中国四国支部 商議委員
  • 2002/04 - 現在 日本機械学会 連絡員
  • 2014/04 - 2017/03 日本トライボロジ学会 校閲委員会委員
Awards (8):
  • 2014/08 - 日本工学教育協会 工学教育賞「論文・論説部門」 日米学生の学習意欲に及ぼすキャリア意識の影響と効果的なコーオプ教育導入への一考察
  • 2012/07 - 日本工学教育協会 中国四国支部 中国四国工学教育協会賞 本科・専攻科コーオプ教育の実践と企業技術者を活用した実験実習の改善
  • 2011/09 - 日本工学教育協会 日本工学教育協会賞「業績賞」 ものづくりエリート技術者養成コーオプ教育プロジェクトによる働く能力を兼ね備えた企業実践技術者の養成
  • 2010/08 - 国立高等専門学校機構 機構理事長賞 阿南高専におけるコーオプ教育の教育効果
  • 2010/03 - 国立高等専門学校機構 分野別優秀賞(教育業績部門) 学生のモチベーションの向上を通じた指導・授業改善と産学共同教育・研究
Show all
Association Membership(s) (6):
JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS ,  THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS ,  日本工学教育協会 ,  日本トライボロジ学会 ,  日本機械学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR DESIGN ENGINEERING
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page