Rchr
J-GLOBAL ID:200901070145433440   Update date: Sep. 01, 2020

Shinohara Hisanori

Shinohara Hisanori
Homepage URL  (1): http://nano.chem.nagoya-u.ac.jp/
Research keywords  (18): CVD ,  arc discharge ,  laser ablation ,  High-Performance Liquid Chromatography (HPLC) ,  Resonance Raman Spectroscopy ,  Time-of-Flight (TOF) Mass Spectroscopy ,  Atomic Force Microscopy (AFM) ,  UHV-STM ,  Transmission Electron Microscopy ,  Nanotechnology ,  Nanoscience ,  Nanowires ,  Graphene ,  Nanopeapods ,  Nanocarbons ,  Carbon Nanotubes ,  Metallofullerenes ,  Fullerenes
Research theme for competitive and other funds  (31):
  • 2016 - 2021 「特異な1~2次元反応場を用いた未踏ナノ物質の創製と機能開拓」
  • 2016 - 2016 「原子層物質の内包による新規ナノリボン・ナノチューブの創製と機能開拓」
  • 2007 - 2012 「機能性カーボンナノチューブの原子レベル構造解析」
  • 2007 - 2012 「新奇カーボンナノチューブハイブリッド物質の合成と評価」
  • 2007 - 2010 「糖およびDNAとカーボンナノチューブのハイブリッド物質の創製と評価」
Show all
MISC (276):
Patents (10):
  • 分子素子
  • 分子素子
  • 金属内包フラーレンの回収方法
  • カーボンナノチューブ集合体および製造法
  • ナノカーボン製造用粉末及び金属内包フラーレンの生成方法
more...
Books (29):
  • 『『ナノカーボンの応用と実用化』 -フラーレン・ナノチューブ・グラフェンを中心に-(普及版)」
    シーエムシー出版 2017
  • 『フラーレン誘導体・内包技術の最前線』 「フラーレン・金属内包フラーレンの分子構造と電子物性」
    シーエムシー出版 2014
  • The Early Days of Metallofullerene Research
    World Scientific 2014
  • 『炭素学』-基礎物性から応用展開まで-
    化学同人 2011
  • カーボンナノチューブ・グラフェン ハンドブック
    コロナ社 2011
more...
Lectures and oral presentations  (130):
  • 「グラフェンを用いた液体セルの現状と展望」
    (ナノテク展2018 ナノカーボンの最新動向 基調講演 2018)
  • An Introduction to the Institute for Advanced Research, Nagoya University
    (Nagoya-IAR International Workshop on Today's Challenges-Future Perspective- 2017)
  • 「フラーレン、ナノチューブ、そしてグラフェン」
    (京都大学大学院理学研究科 特別講演会 講師 2017)
  • Does Water Sandwiched by Graphene Freeze ?
    (JSPS Japan-Indo Bilateral Seminar on Applications of Layered Materials: Advances and Perspectives 2017)
  • 「世界的な研究は出会いと偶然から」
    (愛知県立瑞陵高等学校コスモサイエンスコース設10周年記念講演会 2017)
more...
Works (200):
  • 「ナノカーボン研究開発の展開」
    篠原 久典 2018 -
  • 「名大高等研究院 15周年記念し野依氏が講演」
    篠原 久典 2017 -
  • 「文理垣越え『知』創出 名古屋大 高等研究院」
    篠原 久典 2017 -
  • 「カーボンナノチューブ発電素子応用に光」
    篠原 久典 2017 -
  • 「将来の研究者へ 高校生らを育成 -名大で実験・発表-」
    篠原 久典 2017 -
more...
Education (1):
  • 1979 - 1979 Kyoto University Chemistry
Professional career (2):
  • Master of Science (Kyoto University)
  • Ph.D (Kyoto University)
Work history (17):
  • 2012/06 - 現在 Adjunct Professor Department of Physics, Zhejiang University (P.R.China)
  • 1995/04/01 - 現在 Prodessor, Graduate School of Science, Nagoya University
  • 2015/04 - 2018/05/31 Nagoya University Director of The Institute for Advanced Research
  • 2012/07 - 2015/03 Nagoya University Fellow of The Institute for Advanced Research
  • 2012/04 - 2015/03 Nagoya University Dean of Graduate School of Science
Show all
Association Membership(s) (7):
Electrochemical Society (ECS) ,  American Association for the Advancement of Science(AAAS) ,  Materials Research Society (MRS) ,  Japan Chemical Society ,  Japan Mass Spectrometry Society ,  Japan Physical Society ,  The Fullerenes, Nanotubes and Graphene Research Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page