Rchr
J-GLOBAL ID:200901071876163643   Update date: Sep. 02, 2020

Eguchi Mitsuru

エグチ ミツル | Eguchi Mitsuru
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.nara.kindai.ac.jp/
Research field  (3): Aquaculture ,  Aquaculture ,  Ecology and environmental science
Research keywords  (8): organic degradation by typhoon ,  底質 ,  自浄作用 ,  water quality ,  水圏微生物生態学 ,  水族環境学 ,  Aquatic Microbial Ecology ,  Aquatic Microbiology for Fisheries
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2020 - 2023 Typhoons activate the process of organic degradation in a coastal aquaculture area
  • 2014 - 2017 魚類完全養殖の高度化(グループI:完全養殖システムの構築、グループII:環境低負荷システムの構築)
  • 2013 - 2015 種苗生産におけるグリーンウォーター技術の高度化と汎用性の強化
  • 2009 - 2014 種苗生産における「水作り」の微生物生態学的な解析とマニュアル化
  • 2008 - 2013 クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点
Show all
Papers (51):
more...
MISC (41):
  • 江口 充. 魚類養殖と環境微生物「第3回 病原性微生物の自然環境での生残 ~環境ストレスを魚病細菌はどのように克服しているのか?~」. アクアネット. 2018. 1月号. 48-51
  • 江口 充. 種苗生産に役立つ飼育水中の環境微生物 ~微細藻類と善玉菌の協働効果~. アクアネット. 2017. 12. 44-49
  • 江口 充. 魚類養殖と環境微生物「第2回 種苗生産に役立つ飼育水中の環境 微生物 ~微細藻類と善玉菌の協働効果~」. アクアネット. 2017. 12月号. 44-48
  • Takashi Yoshikawa, Kenichi Kanemata, Gentoku Nakase, Mitsuru Eguchi. Microbial decomposition process of organic matter in sinking particles, resuspendable particles, and bottom sediments at a coastal fish farming area (vol 83, pg 635, 2017). FISHERIES SCIENCE. 2017. 83. 6. 1077-1077
  • 江口 充. 魚類養殖と環境微生物「第1回 生簀養殖場水域で働く環境微生物 ~誰が海をきれいにしているのか?~」. アクアネット. 2017. 11月号. 44-48
more...
Patents (1):
  • 海洋魚介類の養殖方法
Books (15):
  • 「食と微生物の事典(A5)」
    朝倉書店 2017
  • 「環境と微生物の事典(A5/448ページ)」(日本微生物生態学会編)
    朝倉書店 2014
  • 7章 病原微生物の動態と衛生管理、§2.養魚環境の衛生管理、2・3塩素殺菌と電解海水、「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編)
    恒星社厚生閣 2008
  • 7章 病原微生物の動態と衛生管理、§1.病原微生物の動態、「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編)
    恒星社厚生閣 2008
  • 5章 養殖場の環境、§2.海水養殖、「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編)
    恒星社厚生閣 2008
more...
Lectures and oral presentations  (28):
  • 養殖漁場の利用休止時の底質回復と漁場特性との関係
    (平成31年度日本水産学会春季大会 2019)
  • 魚類養殖場水域の植物プランクトンに応答する細菌群の群集構造
    (平成31年度日本水産学会春季大会 2019)
  • 魚類養殖場の底質悪化と海底の乳酸菌の関係
    (平成31年度日本水産学会春季大会 2019)
  • 台風が養殖場水域における有機物の加水分解活性に及ぼす影響
    (平成30年度日本水産学会近畿支部後期例会 2018)
  • 給餌による底質への有機物負荷の比較的近距離内での減少
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
more...
Works (8):
  • 和歌山県
    2003 - 2005
  • 滋賀県
    2004 -
  • タイ国沿岸域における底質の環境調査(JICA派遣番号4910658)
    1992 -
  • Environmental study on the bottom sediments in the coastal water regions at SMaRT(Sichang Marine Science Research and Training Station, Chulalongkorn Univ. ), Thailand
    1992 -
  • 南極海域調査(東京大学海洋研究所白鳳丸KH-83-4次研究航海)
    1984 -
more...
Education (2):
  • - 1982 Kyoto University
  • - 1982 Kyoto University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • (BLANK)
Committee career (9):
  • 2020/08 - 現在 高石市(大阪府) 環境審議会委員
  • 2019/04 - 現在 公益社団法人日本水産学会 学会賞選考委員
  • 2018/04 - 現在 日本微生物生態学会 評議員
  • 2018/04 - 現在 日本水産増殖学会 評議員
  • 2017/04 - 現在 公益社団法人日本水産学会近畿支部 支部幹事
Show all
Awards (1):
  • 2016/03 - Japanese Society of Fisheries Science Scientific Achievement Award in Fisheries Science Eco-physiology of environmental microbes in aquaculture
Association Membership(s) (7):
米国海洋・陸水学会 ,  国際微生物生態学会(International Society for Microbial Ecology) ,  アメリカ微生物学会(American Society for Microbiology) ,  日本微生物生態学会 ,  日本陸水学会 ,  日本海洋学会 ,  (社)日本水産学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page