Rchr
J-GLOBAL ID:200901075015214552   Update date: Mar. 05, 2021

Fujiwara Shinsuke

フジワラ シンスケ | Fujiwara Shinsuke
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~fujiwara/index.html
Research field  (3): Applied microbiology ,  Molecular biology ,  Applied biofunctional and bioprocess engineering
Research keywords  (3): 生物工学 ,  特殊環境微生物学 ,  Polyamine microbiology archaea hyperthermophiles
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2018 - 2020 耐熱性分子シャペロニンを利用したタンパク質の分画技術
  • 2014 - 2017 超好熱菌の低温適応機構に関する包括的理解 (研究課題番号:26292045)
  • 2011 - 2014 超好熱菌低温ショックシャペロンの作用機序
  • 2008 - 2011 超好熱菌の恒常性維持に関する研究
Papers (64):
MISC (21):
more...
Patents (9):
  • 核酸を用いた環境モニタリングシステム
  • 環境モニタリング方法ならびに生体物質の損傷程度を測定する方法,装置,プログラムおよび記録媒体
  • αサイクロデキストリンの製造方法
  • 分子シャペロンを用いる蛋白質の製造方法
  • 超好熱始原菌Pyro coccus sp.KODI株由来DNAポリメラーゼに特異的なモノクローナル抗体を利用した核酸増幅法
more...
Books (12):
  • 微生物のポリアミン 石野良純、跡見晴幸編 アーキアの生物学
    共立出版 2017
  • Identification of branched-chain polyamines in hyperthermophiles. In Ruben Alcazar and Antonio Tiburcio (ed.) Polyamines: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology, vol. 1694:81-94
    Springer Co.Ltd., New York 2017
  • Functional distribution of archaeal chaperonins. In Santosh Kumar, Shekhar Mande (ed), Prokaryotic Chaperonins
    Springer Co.Ltd., New York 2017 ISBN:9789811046513
  • Protein synthesis and polyamines in thermophiles: Effect of polyamines on nucleic acid maintenance and gene expression. In T. Kusano and H.Suzuki (ed.), Polyamines, a universal molecular nexus for growth, survival and specialised metabolism
    Springer Co.Ltd., New York 2014 ISBN:9784431552116
  • Long-chain and branched polyamines in thermophilic microbes. In T. Kusano and H.Suzuki (ed.), Polyamines, a universal molecular nexus for growth, survival and specialised metabolism
    Springer Co.Ltd., New York 2014 ISBN:9784431552116
more...
Education (4):
  • - 1990 Hiroshima University
  • - 1990 Hiroshima University
  • - 1985 Hiroshima University
  • - 1985 Hiroshima University
Professional career (2):
  • Ph.D (Hiroshima University)
  • 学術修士 (広島大学)
Work history (6):
  • 2002/04/01 - 現在 Kwansei Gakuin University School of Science and Technology Department of Bioscience Professor
  • 2001/08/01 - 2002/03/31 大阪大学大学院 工学研究科 助教授
  • 2001/08/01 - 2002/03/31 大阪大学大学院 工学研究科 助教授
  • 1994/04/01 - 2001/07/31 大阪大学大学院 工学研究科 助手
  • 1994/04/01 - 2001/07/31 大阪大学大学院 工学研究科 助手
Show all
Committee career (3):
  • 2018/12/07 - 現在 日本ポリアミン学会 評議員
  • 2015/04/01 - 現在 日本農芸化学会 関西支部参与
  • 2013/06 - 日本生物工学会 理事
Awards (1):
  • 2003/06 - アサヒビール学術振興財団 第3回アサヒビール生活科学賞 「超好熱菌由来キチナーゼの機能解析及びそれを用いたキトオリゴ糖生産システムの構築」
Association Membership(s) (7):
極限環境生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本ポリアミン学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ微生物学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page