Rchr
J-GLOBAL ID:200901077479772224   Update date: Nov. 25, 2019

Unoki Yo

ウノキ ヨウ | Unoki Yo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Research field  (1): Literature - Chinese
Research keywords  (1): modern Chinese literature
Papers (70):
  • 「詩語」と公共言説」(唐暁波). 現代詩手帖(思潮社). 2008. 2008年1月号54-56項
  • 「人間」への信頼を貫く-丸山昇先生の研究から教わったこと-. 季刊中国. 2007. 89. 63-65
  • 汪暉『思想空間としての現代中国. 中国研究月報(中国研究所). 2007. 61. 3. 38-41
  • (博士取得論文)克服・拮抗・模索--文革後中国の文学理論領域の研究. 2007
  • 『文学官僚』という『お仕事』-作家協会党組副書記・郭小川の場合. 中国文芸研究会会報(中国文芸研究会). 2007. 304. 1-3
more...
Books (20):
  • 中日橋漢語/中国語--日中の架け橋(中級・上)
    北京大学出版社 2017
  • 中日橋漢語/中国語--日中の架け橋(中級・下)
    北京大学出版社 2017
  • わたしたちは二十二世紀を望めるのか--明日のないその日のために
    紀伊国屋書店 2013
  • 新中国の60年--毛沢東から胡錦濤までの連続と不連続
    創土社 2009
  • 越境するテクスト-東アジア文化・文学の新しい試み
    研文出版 2008
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • “後殖民主義(ポストコロニアル)”的視角から見る“現代性(モダニティ)”-日本人としての『責任』
    (帝国主義と文学-植民地台湾・中国占領区・『偽満州国』 2008)
  • 『近代(性)』(モダニティ/“現代”)をめぐる視角から-文学・思想領域として
    (日本現代中国学会・関西部会大会「共通論題シンポジウム=鄧小平時代の光と影」 2008)
  • <毛沢東時代>を再審する-中華人民共和国建国60年の再認識(その1)
    (日本現代中国学会全国大会 2007)
  • 関於「後文革」期文学観念的考察-対現代主義的「誤読」与「後現代」
    (中国新時期文学中日学者対話会 1997)
Works (4):
  • 北京発『小道消息』-その1~2
    2008 - 2009
  • 大西広『チベット問題とは何か-“現場”から中国少数民族問題』
    2008 -
  • <毛沢東時代>を再審する-中華人民共和国建国60年の再認識(その1)【学会開催にあたって】
    2007 -
  • 事実を見つめ氷を溶かそう-温家宝首相来日と日中関係の今後
    2007 -
Education (2):
  • - 1984 Tokyo Metropolitan University Chinese Literature
  • - 1978 Tokyo Metropolitan University Chinese Literature
Professional career (2):
  • Ph.D. (Studies in Language and Culture) (Osaka University of Foreign Studies)
  • M.A. (Tokyo Metropolitan University)
Committee career (2):
  • 中国文芸研究会 事務局担当幹事
  • 現代中国学会 理事
Association Membership(s) (4):
Association for Studies of Chinese Society and Culture ,  Chinese Literary Art Research Society ,  The Sinological Society of Japan ,  The Japan Association for Modern China Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page