Rchr
J-GLOBAL ID:200901087745472237   Update date: Sep. 10, 2018

OTA Masaki

オオタ マサキ | OTA Masaki
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e210dfaedbe375cbb4c99559f7cff4c7.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e210dfaedbe375cbb4c99559f7cff4c7.html
Research field  (3): Biofunction/Bioprocess ,  Properties in chemical engineering process/Transfer operation/Unit operation ,  Environmental engineering and reduction of environmental burden
Research keywords  (7): Chemical Engineering ,  CO2 fixation ,  supercritical fluid technology ,  hydrate ,  microalgae ,  biomass ,  hydrate
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2002 - CO2応用技術(固定化・変換・利用)の開発
  • 2004 - 微細藻類・バイオマスの工学的高度利用
  • 2005 - 天然高付加価値成分の超臨界抽出・分離
  • 2002 - ハイドレート応用技術
  • 2002 - 超臨界域を含む高圧技術の開発
Papers (75):
MISC (20):
more...
Patents (7):
  • 集合体粒子の製造方法
  • 二酸化炭素有効利用装置
  • 微細藻類濃度決定方法および装置
  • 微細藻類成分量測定方法および装置ならびにプログラム
  • 微細藻類の培養方法および培養装置
more...
Lectures and oral presentations  (257):
  • 液化CO2を用いたCH4ハイドレートのゲスト分子交換反応
    (日本高圧力学会第43回高圧討論会 2002)
  • Guest molecule exchange of CH4-hydrate in the presence of liquid CO2
    (International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation 2003 2003)
  • ハイドレート生成・分解に関する外部環境の影響
    (化学工学会 第69年会 2004)
  • Methane recovery from its hydrate using pressurized CO2
    (Tenth International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design 2004 2004)
  • CO2を利用した環境調和型CH4ハイドレート回収に関する速度論的研究
    (日本エネルギー学会 第13回日本エネルギー学会年次大会 2004)
more...
Works (1):
  • 並/向流高圧連続抽出/気液平衡比測定システム
    2013 -
Education (3):
  • - 1998 埼玉県立浦和高等学校
  • - 2002 Tohoku University Faculty of Engineering
  • - 2007 Tohoku University Graduate School, Division of Engineering Chemical Engineering
Professional career (1):
  • 博士(工学) (Tohoku University)
Work history (3):
  • 2006/04 - 2007/03 東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒研究センター 日本学術振興会特別研究員(DC2) 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2010/03 - 2010/12 Kalrsruhe Institute of Technology (KIT)/Universität Karlsruhe Guest Researcher
  • 2007/04 - 東北大学大学院工学研究科 助教
Committee career (11):
  • 2011/07 - 現在 宮城県藻類産業フォーラム 実行委員
  • 2007/04 - 現在 SCF-TT研究会(超臨界流体ミニワークショップ) 実行委員
  • 2007/04 - 現在 持続工学研究会 実行委員
  • 2015/12 - 2017/11 文部科学省科学研究費補助金審査委員会 審査委員
  • 2009/04 - 2017/03 化学工学会東北支部 運営委員(若手の会セミナー担当)
Show all
Awards (16):
  • 2018/04 - Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology The Young Scientists’ Prize
  • 2017/10/23 - 日本学術振興会 日本学術振興会平成29年度審査委員の表彰
  • 2017/10/22 - 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団研究助成 安心かつ安全な食品製造のための新たな抽出技術の開発
  • 2017/02 - 公益財団法人発酵研究所 公益財団法人発酵研究所一般研究助成 藻類のミルキング培養法による省エネ型バイオ燃料生産プロセスの開発
  • 2016/07 - 公益財団法人戸部眞紀財団 公益財団法人戸部眞紀財団研究助成 経口物質製造における安心安全な抽出分離溶媒の開発
Show all
Association Membership(s) (7):
化学工学会 ,  AIChE ,  マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本エネルギー学会 ,  日本食品科学工学会 ,  分離技術会 ,  仙台日独協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page