Rchr
J-GLOBAL ID:200901092060362084   Update date: Jun. 09, 2020

Morozumi Mitsuo

モロズミ ミツオ | Morozumi Mitsuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://morolab.arch.kumamoto-u.ac.jp/
Research field  (1): Science education
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2009 - 2010 フィルム型太陽電池の適用拡大技術の開発研究
  • 2009 - 熊本における集約型都市の構想と計画に関する研究
  • 2009 - 簡易スマートグリッド技術の開発実験研究
  • 2002 - 2008 都市計画・都市設計の時空間記述モデル
  • 2002 - 2008 Choronological and Spatial models for urban planning and design studies
Show all
MISC (487):
Books (29):
  • 地域と大学の共創まちづくり(2章の3 まちなか工房が支援する中心市街地活性化の取り組み、pp26-30)
    学芸出版社 2008 ISBN:9784761531676
  • 中心商店街活性化:三法改正とまちづくり (3.7 熊本市中心商店街:町の素材を活かす地域連携とソフト対応) ( 209-217頁)
    学芸出版株式会社 2006
  • 都市モデルと都市デザインのための表現方法 (熊本市における実践から) (CAAD 講話:デジタル化された都市の洞察 5巻195-210頁)
    N Kai-Publishing/ ARCHDATA 2005
  • City Modeling and Interface for Urban Design (The Kumamoto Experience) (CAAD Talks:Insight of Digital Cities Vol.5 pp.195-210)
    2005
  • 高齢者の外出行動を助長する近隣空間整備に関する計画論的研究 (財 国土技術研究センター平成14年度研究開発助成事業研究成果報告書 1-45頁)
    熊本大学 工学部 環境システム工学科 2004
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • 熊本大学工学部まちなか工房:地域と行政と大学を結ぶプラットフォーム
    (東京大学まちづくりセンターフォーラム 2010)
  • 「熊本市中心市街地来訪者の回遊行動・消費行動調査」の効用と課題
    (平成21年度工学・工業教育研究講演会 2009)
  • 月例まちづくり学習会の運営と地域における役割、教育における役割
    (平成21年度工学・工業教育研究講演会 2009)
  • 熊本市における中心市街地の活性化:取り組みの現状と課題
    (全国まちづくり会議2008北海道 2008)
  • 学部における「ものクリ」教育の取り組み
    (平成20年度5大学連携教育シンポジウム 2008)
more...
Works (55):
  • 第2次都市マスタープラン地域別構想策定に伴う基礎調査
    2009 - 2010
  • フィルム型太陽電池の適用拡大による低炭素社会実現モデル事業
    2009 - 2010
  • 自然景観保全のための景観計画ナレッジ・マネジメント・システムの開発
    2003 - 2006
  • 熊本市中心市街地における大規模開発の影響調査
    2003 - 2004
  • 高齢者の外出行動を助長する近隣空間整備に関する計画論的研究
    2003 - 2004
more...
Education (5):
  • - 1973 プリストン大学 修士課程
  • - 1971 Waseda University
  • - 1971 Waseda University
  • - 1969 Waseda University
  • - 1969 Waseda University
Professional career (4):
  • Master of Architecture and Urban Planning (Waseda University)
  • Doctor of Engineering (Waseda University)
  • 建築・都市計画修士 (早稲田大学)
  • 工学博士 (早稲田大学)
Work history (17):
  • 2007 - 2008 Kumamoto University
  • 2008 - - 熊本大学 工学部長
  • 2002 - 2007 Kumamoto University
  • 1991 - 2006 Kumamoto University Faculty of Engineering
  • 1991 - 2006 Professor,Faculty of Engineering,Kumamoto University
Show all
Committee career (105):
  • 2009 - 2011 (社)日本建築学会 日本建築学会賞選考委員会委員
  • 2009 - 2011 Architectural Institute of Japan AIJ Prize Selection Committee
  • 2005 - 2009 熊本県開発審査会 委員(2005-2009)
  • 2007 - 2008 (社)日本建築学会 九州支部 建築九州賞作品賞選考委員会 委員
  • 2008 - (社)日本都市計画学会 評議員
Show all
Awards (9):
  • 2004 - Best Paper Award
  • 1999 - 五木村役場庁舎建築設計競技佳作入選
  • 1999 - Hornarable mention, Architectural Design Competion for the ITSUKI Village Hall
  • 1996 - 住宅生産振興財団理事長賞(建設省第13回まちづくり設計競技)
  • 1988 - 佳作論文賞(社.日本コンピュータグラフィックス協会NICOGRAPH論文コンテスト)
Show all
Association Membership(s) (12):
International Jounal of Architectural Computing ,  Association for Computer Aided Design in Architecture ,  (社)日本都市計画学会 ,  欧州建築CAD教育学会 ,  Computer Aided Architectural Design and Research in Asia ,  (社)日本建築学会 ,  アジア建築CAD学会 ,  日本計画行政学会 ,  The City Planning Institute of Japan ,  Associataion for Education in Comuter Aided Architectural Design in Europe ,  Architectural Institute of Japan ,  Computer Aided Architectural Design Research in Aisia
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page