Rchr
J-GLOBAL ID:200901098372204972   Update date: Jul. 20, 2024

Okamoto Takeaki

オカモト タケアキ | Okamoto Takeaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://ehime-kasei.jimdo.com/
Research field  (4): Home economics, lifestyle science ,  Immunology ,  Food sciences ,  Molecular biology
Research keywords  (3): 食品衛生学 ,  食品栄養学 ,  生化学
Research theme for competitive and other funds  (22):
  • 2023 - 2027 Construction of control technology for cell behavior and bone tissue formation using metallographic microstructures
  • 2023 - 2024 新たな加工技術を用いた果実菓子製造技術の開発
  • 2023 - 2024 運動器健康科学研究ユニット
  • 2022 - 2024 シークヮーサー搾汁残渣由来精油のストレス軽減効果に関する研究
  • 2022 - 2023 河内晩柑果皮等を活用した高オーラプテン含有フィレの開発
Show all
Papers (49):
  • Takeaki Okamoto, Sayaka Yokoyama, Hinako Ushimaru, Mamoru Tanaka. Shiikuwasha leaf and peel extracts inhibit allergic reactions by suppressing degranulation in RBL-2H3 rat basophilic leukemia cells and immunoglobulin production in mouse spleen lymphocytes. Drug discoveries & therapeutics. 2024. 18. 3. 143-149
  • Kaho Miyake, Mamoru Tanaka, Sayaka Yokoyama, Lu Rui, Ayaka Koida, Hana Kozai, Takeaki Okamoto. Degranulation of RBL-2H3 rat basophilic leukemia cells is synergistically inhibited by combined treatment with nobiletin and lactoferrin. Cytotechnology. 2024. 76. 3. 341-349
  • 向平和, 中本剛, 大西義浩, 岡本威明, 加納正道, 立川久美子. 愛媛大学ジュニアドクター育成塾の選抜試験の開発. 愛媛大学教育学部附属科学教育研究センター紀要. 2023. 2. 9-16
  • Satoshi Okano, Yuriko Kiyokane, Sengo Kobayashi, Takeaki Okamoto. Effects of heat treatment of various pure metals on osteoblast cell activity. Journal of Materials Research. 2022. 37. 16. 2614-2622
  • 岡本威明, 野口綾花. 鶏卵乳化性原理の理解度を高める授業の構築と実践. 愛媛大学教育学部附属科学教育研究センター紀要. 2022. 1. 15-22
more...
MISC (48):
more...
Patents (2):
  • じゃこ天のマスコットキャラクター
  • 魚肉加工食品及びその製造方法
Books (11):
  • 食品免疫学事典
    朝倉書店 2021 ISBN:9784254431261
  • シークヮーサー果皮・葉抽出物のI型アレルギー抑制機構の解明およびその有効活用法の検討
    東洋食品研究所(研究報告書) 2021
  • Amino Acid -New Insights and Roles in Plant and Animal
    INTECH 2017 ISBN:9789535132424
  • 生物機能実験法 第6章
    生物機能研究所 2013
  • 食と健康を支援する 第2集
    生物機能研究所 2012
more...
Lectures and oral presentations  (156):
  • ラット好塩基球性白血病細胞(RBL-2H3)の脱顆粒は,ノビレチンとラクトフェリンの共刺激により相乗的に阻害される
    (第37回 日本動物細胞工学会2024年度大会(JAACT2024) 2024)
  • Cirsium maritimum Makino葉由来抗アレルギー成分の同定および脱顆粒抑制メカニズムの解明
    (第37回 日本動物細胞工学会2024年度大会(JAACT2024) 2024)
  • シークヮーサーのアロマでストレス減少!? 〜捨てられるはずの搾汁残渣の新たな活用法〜
    (第23回愛媛大学「学生による調査・研究プロジェクト(プロジェクトE)」 研究成果発表会 特別賞受賞(ピア評価による) 2024)
  • 高等学校における課題研究の指導力育成プログラムの開発と実践 ~10年目を迎える「えひめサイエンスリーダースキルアッププログラム」の成果と課題~
    (日本科学教育学会四国支部大会(2023年度第5回研究会) 2024)
  • シークヮーサー搾汁残渣精油の香りによる抗ストレス効果
    (日本家政学会第76回大会 2024)
more...
Education (3):
  • 2000 - 2003 九州大学大学院 生物資源環境科学府 生物機能科学博士後期課程(修了)
  • 1998 - 2000 Ehime University Graduate School of Agriculture
  • 1994 - 1998 Ehime University Faculty of Agriculture Department of Bioresources
Professional career (1):
  • 博士(農学) (九州大学)
Work history (8):
  • 2021/04 - 現在 愛媛大学教育学部 家政教育講座 教授
  • 2014/04 - 2021/03 Ehime University Faculty of Education
  • 2011/10 - 2014/03 Ehime University Faculty of Education
  • 2009/02 - 2011/09 Kawasaki Medical School
  • 2007/04 - 2009/01 Kawasaki Medical School School of Medicine
Show all
Committee career (5):
  • 2024/04 - 現在 日本家政学会 中・四国支部 常任幹事(愛媛県)
  • 2021/04 - 現在 愛南町食育推進協議会事務局 愛媛県南宇和郡愛南町食育推進協議会委員
  • 2016/03 - 現在 日本食品科学工学会 西日本支部 評議員
  • 2020/01 - 2024/03 日本家政学会 代議員
  • 2016/04 - 2019/12 日本家政学会 中・四国支部 常任幹事(愛媛県)
Awards (7):
  • 2022/10 - 第14回 軽金属学会中国四国支部講演大会 研究・開発奨励賞 (Ti-15Zr-4Nb-4Ta合金上の微細組織が細胞挙動に与える影響)
  • 2021/11 - 愛媛大学(学長) 愛媛大学 学長賞(特許発明・共同研究)
  • 2020/11 - 愛媛大学(学長) 愛媛大学 学長特別賞(愛媛大学PCR応援隊としてのPCR検査実施)
  • 2015/11 - The 6th International Conference on Food Factors 「Poster Award」 Effects of vitamin E on osteoblast-like MC3T3-E1 cells
  • 2015 - 愛媛大学自己点検評価室 教員の実績ハイライト(研究活動) 「I型アレルギー抑制効果を有する食品由来ペプチドの探索と機能解明」
Show all
Association Membership(s) (8):
ノビレチン研究会 ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR ANIMAL CELL TECHNOLOGY ,  JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY ,  THE JAPAN SOCIETY OF HOME ECONOMICS ,  日本農芸化学会 ,  生物機能研究会 ,  日本教育大学協会 全国家庭科部門 ,  THE JAPAN ASSOCIATION OF HOME ECONOMICS EDUCATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page