Pat
J-GLOBAL ID:200903000991205638

ズームレンズ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 丸島 儀一
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992276066
Publication number (International publication number):1994130294
Application date: Oct. 14, 1992
Publication date: May. 13, 1994
Summary:
【要約】【目的】 ハイビジョン用のプロジェクター用ズームレンズに好適でバックフォーカスが長くしつつ良好な光学性能を持ったズームレンズを提供すること。【構成】 大きな共役側から順に負の屈折力の第Iレンズ群と正の屈折力の第IIレンズ群より構成され、広角側から望遠側へのズーミングに際して、少なくとも前記第IIレンズ群を大きな共役側へ移動させるとともに以下の条件式を満足することを特徴とするズームレンズ。bfw /fw >1.60.5<-f1 /f2 <10.5<-f1 /fw <1.20.92 /fw <1.50.8w /fw <1.6ここでbfw :広角端におけるバックフォーカス、f1 :第Iレンズ群の焦点距離、f2 :第IIレンズ群の焦点距離、fw :全系の広角端における焦点距離、ew :広角端における第Iレンズ群と第IIレンズ群の主点間隔である。
Claim (excerpt):
大きな共役側から順に負の屈折力の第Iレンズ群と正の屈折力の第IIレンズ群より構成され、広角側から望遠側へのズーミングに際して、少なくとも前記第IIレンズ群を大きな共役側へ移動させるとともに以下の条件式を満足することを特徴とするズームレンズ。bfw /fw >1.60.5<-f1 /f2 <10.5<-f1 /fw <1.20.92 /fw <1.50.8w /fw <1.6ここでbfw :広角端におけるバックフォーカス、f1 :第Iレンズ群の焦点距離、f2 :第IIレンズ群の焦点距離、fw :全系の広角端における焦点距離、ew :広角端における第Iレンズ群と第IIレンズ群の主点間隔。
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (7)
  • 特開昭61-129613
  • 特開昭63-032512
  • 特開昭64-025114
Show all

Return to Previous Page